「熟女は若い女性より落としやすい」とよく言われるが、これは間違っている。熟女だって若い女性と同じくらい落とすことは難しい」この点を最初に踏まえておいた方がよいだろう。

女性は30代後半から40代になってくると性欲が増してくるといわれているが、これは間違いなく、多くの熟女はセックスしたいと思っている。特に真面目そうなキャリアウーマンほど若い男性とセックスしてみたいと思っている。

しかし、熟女は若い女性よりプライドが高いので、そんなに簡単ではない。食事の席でも、いきなり「ホテル行きませんか?」などといった誘い方では撃沈する。熟女も「私はそんな軽い女じゃない!」と思うのだ。最初はあくまでも誠実に、仕事の話やプライベートの話などをして警戒心を解く必要がある。

また、母性本能をくすぐらせることも重要だ。何度か食事に行ったところで、「あなたのことが好きだ」という雰囲気を出すと熟女もうれしくなって、心を開いてくれる確率も高くなる。その時、あくまでもシンプルに告白しよう。これもプライドが高い熟女を落とすテクニックで、若い女性の時のように最初から「セックスしたい!」では上手くいかないのだ。正直に「あなたのことが好きです」と言われるのがうれしいのだ。

そして、熟女はオーソドックスなデートを好む。仕事が終わってから映画を見て食事をしたり、休日にドライブやピクニックに行ったり・・・。若いカップルなら自宅でまったりというのもありだが、熟女の場合こうしたデートは好まない。これもプライドが高い熟女ならではで、私のために「レストランの予約をしてもらったり、ドライブで訪れる名所を調べてくれた」というのがうれしいのだ。

また熟女をホテルに誘うとき、最初はラブホテルではなくシティホテルなどを選ぼう。これも「私のためにホテルを予約してくれた」ことを喜んでくれる。

熟女を落とすためには警戒心を解くこと

熟女を口説くためにまず「警戒を解くこと」がスタートには重要です。若い女性であればそこまで警戒心が高くないものですが、熟女になると様々な経験によって百戦錬磨の状態になっているもの。

つぎの予測がしやすいのが熟女の特徴になるため、表面的な言葉だけで口説けることはまずありません。

そこで重要なのが「優しく賢い男性」という印象を与えることです。まず優しいという部分で警戒心をかなり解くことに繋がり、さらに賢い男性ということで熟女はすっかり心を開くことができます。

ここで間違ってはいけないのが「賢い」という部分で、勉強ができるなどの賢さではなく「人の気持ちが読める」という賢さをイメージとして持ってもらうことが大切。
この2点を踏まえることで熟女の警戒が解け、その後の成功確率を高めることができます。

つぎに実践したいのが「あなたのことしか考えられない」という気持ちを伝えることです。

女性というのは年齢に関係なく「好き」と言われたらどんな相手でも嬉しいもので、一気に心を解放して距離感がグンッと近づいてしまうもの。

事前に「優しく賢い男性」としてイメージができているため、この一言で憧れを見るウツロな目になりフラッと寄りかかってくる熟女もいるほどです。

ただしこの時点で成功というのはまだ早く、あと一歩の”押し”が大切。

あなたのことしか考えられないけど自分なんかじゃ‥という弱さをチラッと見せることで、メロメロになっている熟女のほうから離してなるものかとさらに距離を近づけてくる場合が多いものです。

ここまで実践すれば熟女を口説けたといっても大丈夫。

あとは自然な会話をするだけで熟女のほうからどんどん近寄ってきてくれるので、ムリに考えることなく成り行きに任せておけば大成功です。

相手にまっすぐ好意を伝えること

熟女を口説くためにはどうすればいいのでしょうか?それ相応の方法をとる必要がありますが、1つ重要なのは年上好き、熟女好きを伝えるということです。
自分が年上の女性が好き、熟女が好きという部分をアピールしていくことで、口説き落とすことが可能になります。

なぜそういったことが必要なのか?というと、女性からすればからかっていると思う可能性があるからです。自分が熟女だという認識を持っている場合、年下の男性から言い寄られた場合には何かあるのでは?と考えるでしょう。

つまり、単にからかっているだけととられる、冗談を言っているように思われるリスクがあるということです。仮にそう思われてしまったら、それ以降いくら熟女を口説いても相手にされない可能性があります。

したがって、自分は冗談を言っているわけではない、からかっているわけでもないという意思を示さないといけません。年上好き、熟女好きをアピールすることで、相手からすれば自分が熟女だから口説かれていると理解できるはずです。

また、若い女性に相手にされなかったから、自分のような熟女を口説いているだけなのでは?と思われずに済みます。そうなれば、相手の熟女としても安心感を持つことができるでしょう。

だからこそ、熟女を口説く方法としては年上好きである、熟女好きであるという部分を絶対に伝える必要があるのです。ただ、実際に自分が年上好き、熟女好きであると伝えるときには、単にそれだけ言っても意味がない場合があります。

熟女好きをアピールする

具体的な方法としては、なぜ自分が年上好き、熟女好きになったのか?その理由も含めて伝えることが大切です。

自分が年上好き、熟女好きになった理由も併せて相手に話すと、相手が納得してくれる可能性がより高まりますから。

実際に熟女を口説くときの適切な方法論として、覚えておくと良いです。

熟女を口説きたいと思っている人も多いですよね。今の熟女はとても若く、魅力的な人が多いのです。

そのため、「年上もいいな」と思う男性もとても多いです。熟女の魅力はその包容力ですよね。経験豊富ですべてを包んでくれそうな女性は男性にとってとても魅力的です。

熟女は年下の男性が好きな人が多いです。年下の男性と聞いてイヤがる熟女は少ないでしょう。女性はある程度の年齢がきたら、年下の男性が魅力的に思えるものです。ですので、熟女を口説くには熟女に「かわいい」と思われる男性になることが秘訣です。

自分が経験豊富なので、男性にまで求める人は少ないでしょう。年下好きな熟女は自分に従順な男性を好む傾向があります。

もし、男性に包容力を求めているなら年上の男性を狙うと思います。年下が大好きな熟女は「自分に従順でかわいらしい、何かしてあげたい」と思う男性を好みです。ですので、熟女の話はしっかりと聞いてあげるようにしましょう。

女性は自分の話を聞いてくれる人を好みます。特に熟女は自分のことを理解してくれる男性に惹かれる傾向にあるので、熟女の話はしっかりと聞いてうなずいてあげることが大切です。熟女を口説く一番のポイントは女性の心を開かせるということです。

女性は精神的なつながりを重視する傾向にあるので、まずは心を開いてもらう必要があります。

女性は年齢が上がるにつれて、精神的な部分を重視する傾向にあるので、自分のことを真剣に愛してくれるなと思ったら、すぐに落ちます。熟女を口説けるかは心を開けるかにかかっているといっても過言ではないので、まずは熟女の話をしっかりと聞いてあげてうなずいてあげてください。

そして、時折、甘えてあげるとかわいいなと思ってくれるので、口説いたと思っても良いですね。

特別扱いすることで相手に意識させる

男性の中には、若い10代、20代の女性より熟女が好きな人もいます。理由に、甘えたい、アブノーマルな恋愛が好きなどがあるようです。
そんな男性が、熟女を口説く方法として、「特別扱い」をする事が挙げられます。

まず、熟女というのは、年齢が40歳以上を指す言葉です。この年齢になると、おばさん扱いされて女として相手にされないケースが出てきます。
しかし、他の女性より特別扱いされると、熟女の人は恋愛の感情を持ってくれてると判断します。

例えば、職場などで若い20代女性より自分に話し掛けてくると、熟女は意識するはずです。自分のそばによく来る、やさしい、褒めてくれるなど、
この行動を感じれば、熟女の人に対して興味を持っている証拠です。

特別扱いとして、熟女を口説く方法は、これらを重点に接すれば良いだけです。職場なら、口説きたい熟女の人に、出来るだけ接近する事が必要になります。
40代以上になると、異性が寄って来る事が少ないはずです。若い男性が、近くに寄って話かけて来ると熟女は、心を開きます。

毎日、多く話す行動を取れば、半分落ちているのと一緒です。会話は、心を開く方法になるので口説くには、興味を持つ話題で攻めてみましょう。
また、やさしく接するのも方法の一つです。特別扱いするように、仕事場でのサポート、アドバイスをすれば熟女意識をします。

熟女をナンパするコツ!熟女ナンパ成功の秘訣とは?

熟女をワンポイントで褒める

そして、口説く方法で大事なポイントとして、褒める行動が挙げられます。褒められる事は、男女問わずイヤな人はいません。熟女の人に対しても、褒める回数を多くするようにします。例えば、OOさん。今日の髪型いいね。
オシャレな洋服ですね。可愛いですよ。

など、他の女性には言わず熟女の人だけに言ってみましょう。
そうする事で、特別扱いされていると実感してきます。
後は、思い切って仕事の帰りに食事などに誘えばOKです。
誘われてイヤな熟女は、いないので勇気を出せば良いです。

同じ年ごろの女性の口説き方と熟女への口説き方は似ているようで少し異なります。
熟女を落としたいのなら、まずは女性としてではなく「女の子」として熟女を扱い、さらにストレートな言葉で気持ちを伝えることが重要です。

熟女は日頃から女性扱いされることはあっても女の子として扱われることは皆無と言って過言ではありません。
女性として扱われると嫌でも自分が年上であることや、実年齢を感じずにはいられないのです。
女の子扱い女の子してもらえれば「あれ、私ってまだ彼にとってイケてる存在なの?」と思いますし、何よりもドキドキするのであなたに徐々に惹かれていきます。

また、ストレートな言葉で表現することもポイント。
熟女だけでなく同年代の女性であっても遠回しな表現で言われてもあなたが何を伝えたいのかわかりません。
熟女の場合は特にそれが強いです。
あなたが自分を恋愛対象として見てくれているかどうかいつも半信半疑なので、余計に回りくどい表現をされたら戸惑います。
ですから、伝えたいことはハッキリとした言葉で伝えましょう。

方法としては、「〇〇さんって本当にかわいいな」とか、「(例えばバーなどへ行くと熟女が行った際に)そんな所一人で行って心配だなあ、この度からはオレが一緒についていくよ」なんて言葉をかければ熟女の気持ちは動きます。
女の子扱いしつつ、「男」として彼女を守れることもアピールできる言葉なので有効です。
そして、思いを伝える際には「〇〇さんといると本当に楽しいなあ、できればオレの彼女担ってほしいな」などと伝えてみましょう。
あなたが熟女のことをどのように思っているのかがわかれば熟女はあなたとのことを真剣に考えるようになります。
ただし、告白するタイミングやシチュエーションも考慮しないと失敗してしまうので、間違っても熟女が不機嫌な時などには口説くのは避けてくださいね。

相手から好かれる褒め方のコツと、嫌われるNGな褒め方

熟女をホテルに誘う方法!どうすればホテルに行ける?