男性用と比べると店舗数は少ないですが「女性用風俗」も存在します。

男性の新しい働き方としてここ数年で注目を集めている業界・業種で気になっているという男性も多いのではないでしょうか?

しかし、お給料事情が分からずに一歩が踏み出せないという人が多いのも事実です。

そこで今回は、女性用風俗で働き男性はどれぐらいお金を稼げるのか?といった給料相場を調査してみた。

平均時給は驚きの「5,000円」以上!

女性用風俗で働く男性のお給料事情を調べてみると、なんと平均時給は驚きの「5000円以上」という高収入のお仕事だという事が判明しました。

トップクラスの男性になると「月100万円」を超える事も珍しくない夢のある職業となっています。

もちろん、あくまで「平均時給」や「最高月収」なので働く地域や働き方によって差が生じますが、頑張れば頑張っただけ稼げるというのは魅力的なのではないでしょうか。

完全歩合給だから稼げる

女性用風俗も男性用風俗と同様にお給料が「完全歩合給」となっているお店がほとんどです。

要するに「接客をしてお客さんが払ったお金のお店と分け合う」といったお給料システムとなります。

なのでアルバイトやパートのようにお店(自分)がヒマで接客しなくてもお給料が発生するという事はありません。

先程述べた「平均時給5000円以上」は、1日のお給料を時間給に計算した金額という事です。

女性用風俗がガッツリと稼げるお仕事なのは、完全歩合給だからなんですよ。

1回の接客で得られるお給料

次は、完全歩合給で1回で得られるお給料が気になりますよ?

女性用風俗の1回の接客は「60~90分」が基本となります。

お客さんが支払う金額は1時間あたり「8000円~10000円」が平均だと言われています。

完全歩合給でのお店との配分は「お店が60%・自分40%」が最も多く、働いている側の取り分は「4割程度」となります。

お客さんが1万円を支払った時に従業員が得られるのは「4000円」という事です。

1日ではなく、1回の接客でこれだけ稼げると言うのは驚きですよね。

また、人気が出てくるとお店との取り分を上げてもらえるケースが多いのも女性用風俗の特徴です。

頑張って接客する数を増やせば自分の取り分がさらに増えてより稼ぎやすい環境を手に入れられるようになります。

指名料も半分は自分の取り分に

女性用風俗もある意味人気商売になります。

男性用風俗やホストクラブのように「指名制度」があり、お気に入りの従業員がいるお客さんは指名料を支払って希望の男性に接客をしてもらいます。

指名料は、基本(接客)料金とは別に支払う必要があり、金額はお店や従業員の人気(ランク)によって変動します。

指名料の相場は「1000~3000円」程度となっていて、基本的にお店と折半(半分ずつ)で自分の給料となります。

丁寧な接客でお客さんを満足させてリピーターになってもらう事で歩合給とは別に指名料で稼ぐといった働き方も出来ます。

女性用風俗は稼げる?向いている男性の特徴

どの業界もトップ層が稼げているのは当たり前ですよね?

逆にトップ層が稼げない業界で働こうと思う人なんていないですよね。

自分が働いた事のない業界に飛び込む時に気になるのが「新人でも稼げるかどうか」だと思います。

これは、女性用風俗で現在活躍している男性のほとんどが感じてきた不安でもあります。

いきなり稼げるの一握りでも努力次第で稼げるお仕事

女性用風俗で働き始めたその日から1日数万円を稼げるというのはかなりレアなケースです。

新人の頃はリピーターのお客さんがいないので、残念ながらトップ層と同じように稼ぐのはかなり難しいと言えるでしょう。

しかし、お店は新人スタッフにお金を稼がせるためにフリー(指名なし)のお客さんに積極的に新人スタッフを割り当ててくれます。

この新人の頃のお店にプッシュしてもらえる時期にどれだけリピーターをゲット出来るかが重要となります。

丁寧な接客やお客さんを満足させてリピーターを増やす事が毎月の収入の安定化に繋がるからです。

新人の頃にリピーターの作り方をマスターした人の多くがトップ層になっているのも事実です。

女性用風俗で稼ぐのに見た目の良さはあまり関係ありません。

自分だけの武器(魅力)をどれだけ磨いていくかが大切だという事です。

その点に関しては、少しホストと似ているのかもしれません。

なので、女性用風俗は努力次第で誰でも稼げるお仕事だと断言しておきます。

テクニックよりも女性に喜んでほしいという気持ちが大切

女性用風俗に向いている男性と聞くと「凄いテクニックを持っている」事が重要だとイメージする人も多くいます。

確かに、他の男性が持っていない凄いテクニックがあるというのも女性用風俗では武器になります。

しかし、どれだけ凄いテクニックを持っていても「接客が雑」だと稼ぐ事が出来ないのも女性用風俗の特徴の1つです。

男性に気持ち良くしてもらう事を目的に利用している女性が多いのも事実ですが、どちらかというと「癒やし」を求めている女性が多い傾向があるからです。

性的に気持ち良くなっても精神的に癒してもらう事が出来なければ満足しないという女性も多くいます。

女性用風俗では「テクニックを持っている男性」よりも「女性に喜んで欲しい」という気持ちを持っている男性の方が向いています。

効率良く稼ぎたい男性

「効率良く稼ぎたい」と考えている男性も女性用風俗に向いています。

完全歩合給で働く事が出来る女性用風俗は、一般的な会社員のように就業時間が決められていません。

また、アルバイト・パートのようにシフト制でもありません。

自分が働きたい曜日・時間に好きなように働く事が出来るようになっています。

なので、本業の空いた時間等のスキマ時間で効率良く稼ぎたいという人向けのお仕事でもあります。

どれだけ効率良く働く・稼げるかを考えて実行するのが好きだという人にも女性用風俗はおすすめと言えるでしょう。

こんなお店には注意

女性用風俗はガッツリと稼ぐ事の出来る注目のお仕事でここ数年で需要が急増しています。

働きたいという男性が増えている事に目をつけた悪徳店舗が増えているといった点に注意しなければいけません。

以下が悪徳店舗の共通点となるので、お店探しをする際に活用してみてください。

周辺のお店より遥かにお給料が良い

最初に注意してほしいのが「周辺のお店よりお給料がずば抜けて高いお店」です。

もちろん、人気店であれば他のお店よりもスタート時の給料や待遇が良いケースもあります。

しかし、不自然に周辺店舗より給料が高いというお店はお給料の高さで人を呼び寄せようとしている可能性が高くなります。

お給料の高さに違和感がある場合は、当該のお店の口コミを必ずチェックしましょう。

風俗営業の届出を出していない

女性用風俗は「無店舗型風俗特殊営業の届出」を行政に提出する必要があります。

この届出を提出していないお店は全て「違法」となるので絶対に働いてはいけません。

面接に応募する前に届出で提出されているのかどうかを確認しておきましょう。

まとめ

今回は、話題の女性用風俗で働く男性のお給料事情を調査した結果、努力次第でガッツリと稼げるお仕事だという事がわかりました。

もちろん、働き初めた瞬間から高給取りになれるケースは滅多にありませんが、努力がお給料に反映されるやりがいのあるお仕事だと言えるでしょう。

女性用風俗に興味があったという男性は、ぜひこの機会に女性用風俗でトップ層になってお金を稼ぐ事にチャレンジしてみてください。