社会人になり、まだ童貞を続けているあなたへ。本気でそろそろ卒業をしませんか?学生時代に比べると出会いが少なくなり、童貞を卒業させるチャンスも少なくなります。

しかし、女性とセックスをする方法は思っている以上に簡単です。

世の中には様々な女性がいるので、女性の数だけタイプと性癖があります。ブス男、童貞男を好む美女がいるということです。

当記事では社会人で童貞を貫いている方は、どうすれば最短でセックス相手を見つけて、セックスするかについて解説をしていきます。

原因と、解決策をしっかりと理解した上で、行動すれば、あなたも童貞卒業のチャンスが必ずあります。

社会人は学生より出会いが少ない

まず大きな原因となるのは出会いの少なさです。

入社する会社は業界によっては、異なるケースもありますが、同性の比率が多い・既婚者が多いなど自分のターゲットとなる女性が少ないのが挙げられます。

さらに、学生時代では比較的自由に使えた時間が、社会人になると仕事で疲れてしまい職場と家の往復になりがちです。

仕事を終えた後に他にどこか寄ってから帰宅する気力も湧かなくなり、出会いの数が減るといった要因もあります。

童貞は自分から動かないと卒業できない

出会いの数も少なくなり、学生以上に童貞卒業のハードルが上がった社会人生活。

これを抜け出すには、まずはともかく動く事が大事です。

相手から声をかけられるのを待っていても現状は変わりません。

先ずは出会いの数を増やす事を第一に行動を変えてみましょう。

休日にクラブに行ってみる、バーやハブで声をかけてみるなど。

最初は怖いかもしれませんが、やっていくうちに慣れてきます。

失敗を恐れず、どんどん行動しましょう。

他にも、運動や筋トレで女性ウケのする身体づくり、自信をつけるのも一つ手です。

痩せていて頼りない、太っていて清潔感がないといった状況では、そもそも出会えたとしても女性に魅力的に思われません。

出会う為の行動量を増やすだけでなく、女性に魅力的に見えるように自分磨きもやってみましょう。

童貞卒業の為にネットナンパを攻略する

出会いを増やすには、友人や知り合いだけでなくSNSやマッチングアプリを活用して、異性にアプローチをするのも有効です。

マッチングアプリであれば極論、登録ユーザーに一通りアプローチをすれば少なくとも数名単位はマッチングし、連絡が取れるようになります。

マッチングアプリの中には『お出かけ機能』などもあり、24時間以内にデート出来るケースもあります。こちらを使えば、その日に童貞卒業も夢ではありません。

実際に、お出かけ機能を使って、車デートをして帰りにホテルで…という事もあります。

他にも、中には割り切り希望の女性ユーザーもいるので、そういった女性にあたるまでアプローチをするのも一つの手段として有効です。

プロフィールは安心感・清潔感が重要

マッチングアプリの性質上、相手からも自分にいいねと思って頂かないとマッチングされない仕組みになっています。
その為、女性からの好感を得られやすいプロフィール作成は必須です。

先ず、自分は何者なのかしっかりと分かるようにプロフィール欄はしっかり書きましょう。

主には何の仕事をしていて、趣味は好きなものを200~250文字程度でまとめると良いです。

その際に、女性も好きそうな趣味などを記載すると、より相手の興味・関心を引きやすくなります。
さらに、一番気を付けないと行けないのは写真です。

なるべく笑顔で顔がしっかり分かるもので髪やひげの手入れをしっかり行えている写真を挙げるのをオススメします。

少なからず、第一印象がいまいちな男性はマッチングに繋がりづらいです。
先ずは、相手から好印象を得られやすい写真を登録しましょう。

同時に複数の女性と連絡を取り合う

ようやくマッチングが出来た!
おめでとうございます。しかし、もう一つ気を付けなければならない点があります。

女性は男性ユーザーよりも圧倒的な数のアプローチを受けています。
その為、相手の女性も複数人と同時にやり取りをしているケースは大いにあり、一人の女性に絞り込むのは危険です。

仮に一人ダメだったとしても、他の女性とデートに結び付けられる可能性があります。
その為、一人でも多くの女性と同時に連絡を取り合う事をオススメします。

美人過ぎる女性は狙わない

美人過ぎる女性は狙わない方が賢明です。
オススメしない理由としては3点あります。

①アプローチを受けている回数が多い。
男性からアプローチを受けている回数が多い為、ライバルが圧倒的に多いです。

ルックス・年収・コミュニケーション力など総合的に見てトップの男性を選ぶ傾向があります。

ライバルの数や、女性の男性を選ぶ基準の高さを加味し、オススメしません。

②特別扱いしすぎてしまう。

美人なあまり気を遣い過ぎてしまったり、嫌われないように不自然な態度を取ってしまったりするあまり、男性として魅力を感じなくなってしまいます。
その為、女性になれていない人なら、尚、良い人どまりで終わってしまう可能性も高いです。

③デートのハードルも高い。

美人であれば、過去に多くの男性とデートをしている方が多いです。
その為、普通の一般的なデートでは相手が満足しない可能性もあります。

過去にデートした男性よりもトーク力が優れている、経済力がある、その女性の響くポイントを押さえた会話やエスコートが出来るなど、他社よりも優れた点がないと美人女性を落としづらいです。

以上3点を加味し、童貞卒業を第一に考えるのであれば、美人女性を狙わない事をオススメします。

好きじゃなくてもやる為に付き合う

童貞卒業を第一に考えるのであれば、好きな人と付き合うのではなく、付き合える人と付き合うのも一つの手です。

マッチングアプリで複数人の女性と連絡を取っている中で、デートを重ねて、落とせそうな女性に告白をしましょう。

付き合わずに肉体関係を持てる人もいますが、圧倒的にカップルの方がハードルが低いです。

付き合っていくうちに、だんだんと相手の良い所も見えてくるケースも十分にあるので、
付き合えそうな女性と、先ずは付き合うのもオススメします。

社会人童貞は女性の攻略方法を学ぶ

会う回数を増やすように行動量を増やしたら、今度は質も同時に挙げていきましょう。
女性の攻略方法を学ぶ事をオススメします。

YOUTUBEなどの動画サービスでも、デートで何を話せば良いのか、選ぶべきお店選び、女性の心理を学べるコンテンツは非常に充実しています。

通勤中や休日、寝る前に関連動画を見るなどし、女性心理を学ぶ事もオススメです。

例えば知り合ってからなるべく早く告白をした方が良い理由や3回目のデートで告白した方が良い理由も、心理学に基づいて説明をされているので、とても参考になります。

他にも、共通点があるとデートにも誘いやすく、デート中も話が広がりやすいです。

オススメの共通点は、趣味・カフェ・映画・食事・レジャー関係・音楽関係・などで共通点があるとデートに誘いやすいですし、話が盛り上がります。

また、会いたい!と女性に思ってもらえるように話題のレパートリーも用意しましょう。

女性が好きそうなお店に連れて行く

デートも盛り上がって、女性も満足!となっている時に、行ったディナーが大衆居酒屋だと折角盛り上がったデートも台無しです。

その為、女性が好きそうなオシャレな居酒屋やご飯屋さん、カフェなどのお店情報も把握する事をオススメします。

ネットやSNSで調べる、知り合いのオススメのデートスポットを聞くのも一つ手ですが、友人とご飯や飲みに行く時に、利用をしてみるなどリサーチをするのも良いでしょう。
他にもメッセージのやり取りで、相手の好みをしっかりリサーチする事も大切です。

一方、中にはオシャレなお店よりも、気兼ねなく飲める方が良いと、賑やかな居酒屋や、昔ながらのお店を好む方もいます。

事前に相手がどういうお店が好きか聞いた上で、相手の好きそうなお店を選ぶようにしましょう。

プロフィールは盛って良い男アピール

ありのままに全てプロフィールを書くという素直さも大事かもしれませんが、多少の盛りは必要です。
魅力的なプロフィールでないと、そもそもマッチングがしづらいからです。

例えば月に2回くらいしか運動をしなくても、週に1,2回運動をしていると書かれていると活発で健康的な印象を女性に与えれます。

少しかじった事がある事でも趣味として記載する事もオススメです。

例えば数回しかやった事が無いボルダリングでも趣味に書く、バーに何回かしか行った事が無くても、バーに良く行くなど。

ボルダリングであれば興味はあるけど、やった事ないという女性も多いです。

バーであれば、お酒が好きな女性ならオススメのバーに行きたいといった話に繋がりやすくデートに誘う口実にもなるので、プロフィールを少し盛る程度であればオススメします。

しかし、現実とかけ離れたプロフィールは後々自分の首を絞めますので、気を付けましょう。

街コン・合コンは効率が悪いので使わない

街コン・合コンは多くの女性と知り合えるチャンスですが、あまりオススメしません。

競合が多いのと会費が高くなりがちだからです。

その為、例えば街コンでは女性と仲良くなれても狙っていた女の子が他の男性とマッチングするかもしれないですし、人気の子には男性が多くアプローチします。

つまり、街コン内でも他者に上回るコミュニケーション力や経済力など総合的に優れていないとマッチングしづらいのです。

合コンでも、街コン程ではないですが、参加者との取り合いもあります。

一緒に参加しているメンバーの中に、イケメンや大手勤務のメンバーがいると、そのメンバーに女性を持って行かれる可能性が高いです。

さらに、会費も高く消耗しがちです。
街コンでは男性の参加費が8000円以上といった割高なケースも多いですし、合コンでは基本会計は男性持ちになります。

2次会も行こうものなら、一日の出費は10000円どころではありません。

その会費を例えばマッチングアプリの会費に回したり、デート代に回すのもよいでしょう。
他にも、ジムに通ったり、女性ウケの良いファッションを購入するといった自己研鑽にお金を使う事をオススメします。

いかがだったでしょうか?
意外にも20代で童貞という方は多い傾向です。
ただ、だから安心という訳ではなく、あっという間に月日が経ってしまいます。

月日が経てば経つほど、童貞卒業のハードルは上がり自信も無くなってくるので、失敗を恐れず早めに行動を変えて卒業を目指しましょう。

童貞におすすめの出会い系サイトの口コミ!卒業の近道