「ソープランド」は、数多くある風俗の中でも、特に収入が高いと言われているお仕事です。

せっかく風俗で働くのなら出来るだけ稼ぎたい!という女の子から人気を集めています。

しかし、「どんな流れで接客するの?」と仕事内容や接客の流れを気にするソープ未経験の女の子も多くいます。

この記事では、ソープの基本的な仕事内容と接客の流れを解説していくので参考にしてみてください。

ソープランドは「本番(エッチ)行為があるお風呂屋さん

ソープランドを簡単に説明すると「本番(エッチ)行為があるお風呂屋さん」です。

ヘルス等の一般的な風俗店との大きな違いが本番行為の有無となっています。

働く女の子にはほとんど関係ありませんが、ソープランドのお店は全て「性風俗関連特殊営業」という届出を各自治体等の提出しています。

この届出は「新しく認可・許可を得られない」といった特徴があり、現在存在するお店がなくなればソープもなくなります。

なので、新規のソープランドが出来た!という情報を聞いた場合は、危ない違法なお店の可能性がかなり高いので注意してください。

なんで本番行為がOKなの?

「一般的な風俗店では本番行為はNG」です。

しかし、先程も解説した通り、ソープランドでは本番行為がOKとなっています。

なんでソープランドだけ本番OKなの?という疑問が出てきますよね?

ソープランドでは、

「入浴をしに来たお客さんとコンパニオンが恋をして勝手にセックスをしている」

といった強引な屁理屈でお客さんと働く女の子がエッチをしています。

ソープランドで働く女の子は、実は入浴をお手伝いをするために雇用されているんですよ。

そのため、ソープランドは風俗で唯一本番行為が出来るようになっています。

ソープランドの仕事内容と接客の流れ

ここからは、いよいよソープランドの仕事内容を接客の流れと一緒に解説していきます。

お客さんが来店してから帰るまでの流れを細かく紹介していくので、読みながらイメージしてみてください。

お客さんが来店!まずはフロントで受付をしてソープ嬢を指名

ソープランドは、店舗型・箱型と呼ばれる風俗店です。

お客さんはお店に来店してサービスを受ける事になります。

来店したお客さんは、フロントで受付をして好みの女の子を指名します。

指名するソープ嬢が決まるとフロントスタッフが待機ルームに連絡を入れて選ばれたソープ嬢にコース内容と部屋番号を伝えます。

ちなみに、お客さんから指名があるまで女の子は「待機ルーム」と呼ばれる控室で待つ事になります。

待機ルームは、複数のソープ嬢が利用する大部屋と1人で待機出来る個室がありますが、都会のお店は大部屋のお店が多くなっています。

お客さんと対面!部屋まで案内する

指名されたソープ嬢は、部屋でお客さんが来るのを待つのではなく、フロントや指定されたエリアまでお迎えに行きます。

その際にフロントスタッフから、お客さんの名前や今回のコース等の詳細が書かれた「入浴チケット」を受け取ります。

お客さんの名前や本指名なのかフリーなのか等を確認する事が出来るので必ず入浴チケットはチェックしましょう。

お客さんと対面すると、まずは「挨拶」を行います。

一般的な接客であれば「いらっしゃいませ」というシーンですが、ソープでは「こんにちは」や「こんばんは」と挨拶するのが主流となっています。

簡単な挨拶を済ませた後は、手を繋いだり腕を組んだりと軽くイチャイチャしながら部屋へと案内していきます。

部屋についたら雑談をしながら服を脱がせる

接客をする部屋についたら、まずは雑談をしながらお客さんの服を脱がしていきます。

上着があればハンガーにかけて、ベッドに座ったお客さんが服を脱ぎやすいようにサポートしてあげてください。

服を脱がせる事に集中し過ぎないように、出来れば雑談を交えていきましょう。

ここで注意したいのが「即尺・即即・即ベッド」です。

ソープランドの中級店の一部と高級店では、部屋に入ってすぐに即尺・即即・即ベッドを行う事になります。

即尺→お風呂に入らずフェラチオ
即即→お風呂に入らずフェラチオをして、そのままエッチをする
即ベッド→お風呂に入らずベッドインしてエッチをする

格安店や大衆店にはないサービスですが、ソープ嬢として覚えておいて損はありません。

裸になったら浴室で洗体プレイ

お客さんの服を脱がした後は、お風呂に向かいいよいよエッチなプレイを行います。

ソープ嬢が先にシャワーや入浴の準備をしていきます。

まずは、お客さんに椅子に座ってもらいます。

お客さんの体全体にシャワーをかけた後は、ボディソープで泡を作って「洗体」をしていきます。

洗体の基本的な順番は「たわし洗い→壺洗い→椅子洗い」となります。

たわし洗い→女の子のアソコの毛を使ってお客さんの腕や太ももを洗います。
壺洗い→お客さんの指にたっぷりの泡やローションを付けて膣の中に入れ、お客さんの指を洗います。
椅子洗い→スケベ椅子に座ったお客さんの全身を洗います。スケベ椅子は下から潜り込めるので、口や手を使ってしっかりと洗います。

最後に、シャワーで綺麗に泡やローションを流して、洗体は終了です。

一緒にお風呂に浸かりながらイチャイチャ

洗体プレイが終わった後は、お客さんと一緒にお風呂に浸かりながらイチャイチャします。

キスやスキンシップをしながら、お客さんに腰を浮かせてもらい、水面から出てきた性器をフェラチオする「潜望鏡」をこのタイミングで行います。

潜望鏡が終わった後は、浴槽から出てマットへ案内しましょう。

エッチなテクニックでお客さんをメロメロに!マットプレイ

入浴を終えた後に行うのが「マットプレイ」です。

敷かれたマットの上でエッチなテクニックを駆使してお客さんをメロメロにしていきます。

マットプレイに必要なテクニックは、事前に講習で教えてもらえるので安心してください。

マットプレイの準備はソープ嬢が1人で行います。お客さんを待たせ過ぎないように注意しましょう。

「泡踊り」や「松葉くずし」といったマット技と披露していきます。

マットプレイでムードを作ってからの本番行為

マットプレイを一通り済ませた後は、そのまま本番行為に移る事が多くなっています。

どちらかと言うとマットプレイ直後の本番行為は、受け身のお客さんが多いので騎乗位でお客さんに射精してもらいます。

お客さんが希望する体位があれば応じてあげてください。

射精が終わった後は、性器を綺麗に洗ったり、お互いの体に残った泡・ローションをシャワーで洗い流します。

基本的にはシャワーで洗い流すだけとなりますが、ノースキンの高級店では射精した後にフェラチオで性器を綺麗にする「お掃除フェラ」を行う事になります。

また、マットプレイではなくベッドプレイでの本番行為を希望するお客さんもいるので、しっかりと希望を聞き出す事を忘れないようにしてください。

休憩

お客さんが選んだコースによっては、浴室でのプレイの後に休憩を取ります。

過度にイチャイチャするよりも、少し密着しながらゆっくりと雑談するといったイメージです。

休憩を必要としない場合は、そのままベットプレイへと進みます。

ベットでの本番行為

お風呂から上がる、休憩を取った後は「ベットでの本番行為」が始まります。

マットプレイでは受け身だったけど、ベットでは攻めたいというお客さんも多いので空気を読んで臨機応変に対応していきましょう。

ベットプレイでは、特に特別なサービスを行う事はなく、普通にエッチをするだけとなります。

残り時間で2回戦orゆっくりと過ごす

ソープランドは、時間内であれば複数回射精をしても問題はありません。

一通りサービスを終えても時間に余裕があるケースも多々あります。

残り時間をどう過ごすかは、お客さんの気分次第となります。

もう1回本番行為がしたいというお客さんもいれば、雑談を楽しんだり、マッサージをお願いされるという事もあります。

出来るだけお客さんのリクエストに答えてあげるとリピートに繋がるのでおすすめです。

全てのプレイが終わればシャワーで体を綺麗に

全てのプレイが終わった後は、再び浴室に向かいシャワーでお客さんの体を綺麗に流します。

この際にエッチな事をする必要はないので、しっかりとお客さんの体を綺麗にする事を意識してください。

お客さんの体をバスタオルで拭いて、着替えを手伝ってあげます。

この際に、手際よく自分も着替えておきましょう。

フロントに連絡を入れてお客さんをお見送り

お客さんの帰り支度が終わったら、フロントに連絡を入れます。

ほとんどのお店では「お客様お上がりです」と伝えるようになっています。

その際に、フロントスタッフからの次の指示を受ける事が出来ます。

ご苦労さまです。→次の予約はありません。お見送りが終わった後は部屋を片付けて待機ルームに戻ります。
○○分続きます。→すぐに次のお客さんが待っています。お見送りと片付けが終わった後は、すぐに接客が出来るように準備をします。
すぐかけ直します。→他のソープ嬢がお客さんを案内しています。鉢合わせしないようにフロントスタッフからのコールを待ちます。
様子を見て出てください。→近くの部屋にお客さんとソープ嬢が入ろうとしています。鉢合わせをしないように気を付けながらお見送りをしてください。

以上が、大まかなフロントスタッフからの指示となります。

特に問題がない場合は、指定のエリアまでお客さんを案内してお見送りをしてお仕事は終了です。

お見送りでお客さんに好印象を与えられるかどうかがリピートに繋がります。

出来るだけ愛想を良くしたり、最後までスキンシップをしたり、と「また会いたいな」と思ってもらえるように頑張りましょう。

まとめ

以上が、ソープランドのお仕事内容と基本的な接客の流れです。

流れで説明すると難しいように感じる人もいますが、ほとんどの女の子は数日でマスターするので安心してください。

また、ソープ嬢として必要なテクニックも講習でしっかりと学べるようになっているので心配する必要はありません。

今回の記事を読んでソープ嬢としてやっていける!と感じた人は、ソープ嬢での高収入をゲットにチャレンジしてみてください。