働くお店のランクによって手取りが違う?
風俗業界の中でも、特に高収入だと言われているのが「ソープランド」の風俗嬢です。

1日の平均日給が「7万円」とも言われる稼げるお仕事として高い人気を集めています。

しかし、そんなソープですが「お店にランク」によって貰えるお給料・手取りが大きく違ってくるとも言われています。

今回は、ソープランドの風俗嬢のお給料事情について調べてみました。

ソープはホントにお店ランクで手取りが違う!高級店の方がやっぱりお給料は高い

同じソープランドでも、お店ごとにランク(グレード)があります。

地域を問わず「高級店>中級店>大衆店>格安店」といったランク順をなります。

もちろん、高級店の方が1時間あたりの料金が高いのでソープ嬢が貰えるお給料・手取りも高級店の方が高くなっています。

お店のランク別のお給料の目安は?

お店のランクごとのお給料の目安を知っておきたいという女の子も多いですよね?

あくまで目安となりますが、ソープ嬢のランク別のお給料は以下となります。

高級店→60分1.5万~3万円
中級店→60分1.2万~2万円
大衆店→60分1万~1.5万円
格安店→60分1万~1.2万円
※全てのお店を60分で計算しています。高級店は120分以上、格安店は40分程度のお店が主流です。

一番お店のランクが低い格安店と高級店では1.5倍から2倍以上の差が生じています。

1時間で5万円や10万円を稼いでいる高級店のトップ嬢もいると言われています。

もちろん、格安店や大衆店でも目安以上にガッツリと稼いでいる女の子は数多く存在しています。

高級店だからといって必ず稼げるわけではない

目安だけを見ればほとんどの女の子が高級ソープランドで働きたいと考えます。

しかし、不思議な事に高級店で働いたからといって必ず他のランクのお店よりも稼げるといったわけではないんですよ。

確かに、高級店はお客さん1人の客単価が高かったり、バック率・金額が高く設定されています。

ですが、高級店は「1人あたりの接客時間が長い」といった特徴もあります。

どれだけバックが良くてもお客さんの回転率を上げるのが難しいので、ただ単に働いているだけでは効率が下がってしまいます。

一方、他のランクのお店では60~75分といった短めのコースも用意しています。

客単価が低くても、接客をするお客さんの数で給料をカバーする事も出来ます。

ソープ嬢として効率良く稼ぐには、自分の容姿の良さやお店のランクと一緒に働きやすさもチェックしなければいけません。

「どれくらい稼ぎたいか」でお店を選ぶのもアリ

ランクによるお給料の目安に差があるソープですが、高級店で働く事が全てではありません。

どのお店も一般的なお仕事よりは、遥かに高収入のお仕事です。

自分に合わないランクのお店で働いて短期間で辞めてしまうよりも、出来るだけ長く働けるランクのお店を探しましょう。

お店探しのコツの1つとして「稼ぎ方・稼ぎたい額」が挙げられます。

高収入でマッタリと稼ぎたいという女の子は、高級店・中級店よりも大衆店・格安店がおすすめです。

一方、出来るだけガッツリとお金を稼ぎたいという女の子は、大衆店・格安店よりも高級店・中級店がおすすめとなります。

自分がどれだけ稼ぎたい、どうやって働いていきたいかといった点を明確にすると自分に合ったお店が見つかるはずです。

ソープでの手取りは「お給料から雑費を引いた金額」

一般的な正社員やアルバイト・パートでも「総支給額」と「手取り」の金額は違いますよね?

これは、ソープ嬢でも同じです。

ソープ嬢の場合は、「お給料から雑費を引いた金額=手取り」となります。

ソープ嬢を含めた風俗嬢は「個人事業主扱い」となるので税金を引かれる事はありませんが、お仕事に使った消耗品代が引かれます。

「部屋の使用代金」「ローション代」「お茶代」といった様々な雑費を引いたお金がソープ嬢の手取りとなります。

また、お店によっては「毎月1~3万円程度を税金」として徴収している事もあるようです。

引かれる雑費の金額はお店によって異なる

気になる雑費の金額ですが、「お店によって異なる」のが風俗業界では当たり前となっています。

どうしても雑費の内訳が気になる場合は、面接の時やお給料を受け取った時に聞いてみるのも良いかもしれません。

雑費の目安は「お給料の10~15%」と言われています。

「なぜ固定じゃないの?」と疑問に感じる人もいると思いますが、ソープは接客するお客さんが増えれば触れるほど、消耗品を使用する事になるからです。

雑費を固定にしてしまうと、常連さんが多い人気ソープ嬢はお得になり、常連さんが少ない新人ソープ嬢が損をする事になってしまいます。

固定で徴収するよりも、お給料から一定の割合で徴収した方が不平不満が出にくいといった理由もあるようです。

また、この雑費はお店が指定する毎月の売上や出勤日数の目標を達成すると、割合が低くなっていくお店がほとんどです。

雑費として無駄なお金を引かれたくない女の子は、ガッツリ稼いだり、指定された出勤日数をクリア出来るように努力しましょう。

1日に決まった金額が引かれるお店や接客する毎に決まった金額が引かれるお店も一応存在する

ソープではかなりレアなケースですが、

・1日に決まった金額が引かれるお店
・お客さんを接客する毎に決まった金額の雑費が引かれるお店

も存在すると言われています。

前者のお店はお給料の額によって雑費が変動しないのでかなり良心的なお店だと言われています。

一方、後者はソープよりもデリヘルに多い雑費の引き方です。

デリヘルは、ソープと違ってお客さんの接客をする際には毎回送迎が必要になるので上記の雑費システムが採用されているようです。

お給料から引かれる税金は「所得税や住民税」ではない

先程、紹介した通り、毎月「税金」として数万円徴収しているお店もあります。

「お給料から税金が引かれているから大丈夫!」と安心しているソープ嬢も多くいますが、現実はそんなに甘くありません。

お給料から引かれた税金は「所得税や住民税」ではありません。

毎年支払う事になる公的な税金は、自分で確定申告をして納税する必要があるといった点に注意してください。

ソープ嬢の手取りを計算する時は求人に書かれている日給から雑費を引く

ソープで働く前に大まかな手取りを知っておきたい。

そんな時は、求人誌に記載されている平均日給や最低保障日給から雑費を引きましょう。

平均日給が5万円であれば、「5万円×0.90(または0.85)=4万5000円(4万2500円)」という事になります。

雑費が10%なら「0.9」、15%なら「0.85」を日給と掛け算する事で簡単に計算出来ます。

求人誌に時給しか掲載されていない場合は「時給×5~8時間(働きたい時間)」をかけて日給を計算してください。

もちろん、求人誌に記載されている日給・時給を稼げるかは、働いてみないと分かりません。

しかし、大まかな目安にはする事が出来るので、計算方法を頭の片隅に置いておいてください。

まとめ

以上が、ソープランドのお給料事情でした。

ソープは、お店のランクによって客単価やバック率・金額が異なるので、高級店の方が1時間あたりの収入が多くなる傾向があります。

その分、お客さんの回転率が悪いといったデメリットも存在していました。

ソープ嬢として、効率良くお金を稼ぐにはお店のランクよりも自分が働きやすい、稼ぎやすい環境や待遇が揃ったお店を探す方がおすすめです。

ソープ嬢は高級店の方が稼げるといった噂はホントでしたが、働く時は高級店以外のお店の求人にもしっかりと目を通しましょう。