最近の稼ぎたい女子から注目を集めているのは、キャバクラや風俗ではなく「メンズエステ」なんですよ。

お酒の相手をしたり、エッチな事をする事なく短時間でガッツリと稼げると評判になっています。

しかし、メンズエステで働きたいと考えている女子の中には、お給料の仕組みが分からず躊躇している人も意外と多くいます。

そこでこの記事では、メンズエステのお給料の仕組みや驚きの月収を紹介していきます。

メンズエステのお給料は最高月収80万円

気になるメンズエステのお給料事情ですが、ほとんどのお店は「時給制」と「歩合制」の2種類を用意しています。

お店でセラピストとして働く事が決まった女の子は、自分の好きな方を選ぶ事が出来ます。

また、どちらを選んでも「本指名バック」や「オプションバック」といったお手当のようなものもあります。

安定してお金を稼げる「時給制」のメリットとデメリット

安定してお金を稼ぎたいと考えている女子も多いですよね?

そんな女子におすすめとなるのが「時給制」です。

時給制は、一般的なアルバイトやパートと同じように働いた時間の分だけお給料を貰う事が出来ます。

お店の忙しさに関係なく、出勤さえしていれば時給が発生するので「安定してお金を稼げる」といったメリットがあります。

メンズエステの時給は、地域やお店によって多少前後しますが、どれだけ少なく見積もっても地域の平均時給の1.5倍はあります。

セラピストとしてデビューした直後から高時給で働けるので収入に対して不安を感じる事がなくなります。

一般的なアルバイト・パートは、なかなか時給が上がるイメージがありませんよね?

しかし、ほとんどのメンズエステはお店が指定する条件を満たす事で簡単に時給をアップしてもらえるんですよ。

指定の条件も無理難題ではなく、1ヶ月で決められた売上や本指名の数を超える、接客したお客さんからのアンケート結果が良いといった努力次第でクリア出来る内容が多くなっています。

安定した高収入を得られるのに、自分の頑張り次第で時給がアップしていくというのは大きな魅力です。

一方、メンズエステの時給制には「時給制を用意しているお店が減っている」といったデメリットが存在しています。

安定した収入よりも、出来るだけお金を稼ぎたい女の子が増えてきている事から、時給制ではなく歩合制しかないお店が多くなっています。

希望する条件を満たすお店が見つかっても、歩合制でしか働けない事も多いといった点には気を付けましょう。

また、時給制で働くと出勤すればお金が稼げる事から、モチベーションが維持しにくくなります。

モチベーションが下がると接客・施術内容のクオリティーも下がり、気付けばリピーターのいないお荷物になってしまう可能性があります。

時給制を選んで働く場合でも、常にお客さんを満足させられるように高いモチベーションを維持出来るようにしましょう。

頑張りがお給料に反映されやすい「歩合制」のメリット・デメリット

ここ数年でメンズエステのお給料として主流になってきているのが「歩合制」です。

時給制とは異なり、接客したお客さんの数や売上によってお給料が発生します。

歩合制の最大のメリットは「努力がお給料に反映されやすい」といった点です。

時給制とは異なり、お客さんや接客する機会が増えるとお給料も右肩上がりになるのが歩合制の特徴となります。

お客さんが増える、施術(コース)時間が伸びるように努力をすれば自然と毎月のお給料が増えていきます。

時給制とは異なり、どれだけ自分が頑張れるかで貰えるお給料の額が変わるというのは燃えますよね。

努力とお給料が直結するのでマッサージ技術や接客スキルに対する向上心が高くなります。

やり甲斐のあるお仕事がしたいという人にピッタリなのが歩合制です。

そんな歩合制の最大のデメリットは「お客さんが来ないとお給料がゼロになる」という点です。

出勤から退勤までに誰一人も接客する事がなければ、その日はお給料は発生しません。

しかし、歩合制で1日のお給料がゼロになるお店はほとんどありません。

お客さんが極端に少ない人気のないお店さえ避ければ歩合制でもしっかりと稼ぐ事が出来ます。

本指名とオプションのバックも稼ぐ方法の1つ

メンズエステは、時給制・歩合制とは別に「本指名バック」や「オプションバック」というお給料システムを用意しているお店がほとんどです。

本指名バックとは、同じお客さんに2回目以降に指名してもらった時に発生するお手当です。

本指名は1回目の初回指名よりもお客さんが払う料金が高くなっています。

メンズエステのお店では、本指名料は「全額」セラピストのお手当になるというのが常識です。

リピーターのお客さんが来てくれると、時給制・歩合制のお給料とは別に1000円~3000円の本指名料が加算されるという事です。

メンズエステでは、基本的なマッサージ施術とは別に追加料金を払う事で異なる施術が受けられる「オプション」があります。

もちろん、このオプションは風俗店のオプションのようなエッチな内容ではないので安心してください。

マッサージで使用するオイルの追加やホイップでのマッサージといった内容のオプションが多い傾向にあります。

お客さんからオプションの追加をお願いされると、本指名バックのように「オプション料金の一部」がお手当になります。

オプションバックのバック率はお店によって多少異なりますが、「50%~100%」が主流となっています。

この本指名バックとオプションバックを上手く活用する事もメンズエステで稼ぐためのコツの1つとなっています。

メンズエステの月収は夜のお仕事を超える事も珍しくない

メンズエステが高収入のお仕事だという事は知っていても「どれだけ稼げるのか」は知らない人が多いですよね?

実際に、メンズエステのセラピストとして活躍している人がどれだけ稼いでいるのかを調べてみました。

副業やお小遣い稼ぎ!「週3日で1日5時間」

副業やお小遣い稼ぎ目的でメンズエステで働きたいという女の子も増えてきています。

OLや学生でも気軽に働けるお店が多いのもメンズエステの特徴の1つです。

本業ではなく、副業やアルバイト感覚で働く女の子で最も多い出勤スケジュールが「週3日で1日5時間」です。

お昼の本業や学校が終わった後の夕方からメンズエステで働くといったパターンとなります。

18時前後に出勤して23時~24時に退勤するまで2~3名のお客さんにマッサージ施術を行います。

時給制であれば、時給が1500円~2000円となるので1日働いた時のお給料は「7500円~1万円」となります。

週3日なので1週間で「2万22500円~3万円」、1ヶ月のお給料は「9万円~12万円」が目安となります。

一方、歩合制はお客さんが選んだコースの時間やオプションの有無でバラつきが生じます。

お客さん1人で得られるお給料は「1万円~1万5000円」が平均だと言われています。

1日2人で「2万円~3万円」、週3日出勤で「6万円~9万円」、1ヶ月で「24万円~36万円」となります。

副業・お小遣い稼ぎが目的でもこれだけしっかりと稼げるのがメンズエステのセラピストです。

本業としてガッツリ稼ぐ「週5日で1日8時間」

メンズエステのセラピストを本業に「週5日出勤で1日8時間」働くと1ヶ月のお給料はどうなるのでしょうか?

本業で働くと、昇給に必要な条件をクリアしやすくなるので、時給制・歩合制のどちらもベースとなるお給料が少し高くなる傾向があります。

時給制で上記の条件で働いた時の1ヶ月で稼げる金額は、1日「2万~3万円」が目安となるので1ヶ月で「40万円~60万円」となります。

歩合制になるとさらに月収は高くなります。

1日のお給料の目安が「4万円~6万円」なので、1週間で「20万円~30万円」、1ヶ月で「80万円~120万円」と驚きの月収が得られます。

もちろん、セラピストになった全員がこの金額を稼げるわけではありません。

お客さんを癒やしてしっかりと満足させる、リピーターを増やす等の努力が必須です。

まとめ

最近、人気急上昇中のメンズエステのセラピストには、時給制と歩合制の2種類のお給料がありました。

どちらのお給料制度を選んでも一般的なお仕事よりも稼げるようになっていました。

また、メンズエステではお給料とは別に様々なお手当があったりと、働く女の子が稼ぎやすい環境や仕組みが用意されています。

トップクラスの人気を誇るセラピストは、1ヶ月で100万円以上と驚きの月収を稼いでいるといった夢のあるお仕事でもありました。