風俗通いを辞める

気が付けば風俗のサイトを探してしまう。風俗通いを辞めたいと思っていても、なかなか辞めれない。

この記事を書いている私自身、数年間に渡って風俗通いを辞めることができませんでした。

給料日になればリピートする為に、来店をする。また、新しい女の子を探す為に新規店に遊びに行くなど。

貯金もできない、カードローンで借金をするなど。風俗通いは私にとってデメリットしかありませんでした。

適度に遊ぶのは良いと思いますが、借金をしてまで通ってしまう、貯金が全くできなければ問題です。

結論から言うと、風俗を辞めることはできます。

風俗通いを辞められない原因

風俗通いの原因

風俗を通い続けると下記のような恐ろしいことになります。

風俗通いのデメリット早見表
お金がかかる!借金をしてまで通う人がいる
他の趣味にお金を使えない
精神的にも疲弊してしまう。

簡単に言うと、通い続けることのメリットは何一つ良いことがありません。過去の私がそうでした。

働いて得た給料を風俗に使ってしまう。本当にバカのようなお金の使い方でした。

  • ギャンブルで勝てば風俗
  • ギャンブルに負けても風俗

    このお金を価値があるものに使っていれば、人生が大きく変わっていたでしょう。

    風俗に行く理由は、気持ちが良いから、簡単に抜けるから、私生活では抱けない可愛い子が相手をしてくれるからです。

    でも、この記事を見ているあなたは、そんな自分に嫌気がさしているはずです。

    私が風俗通いを解決できたのは、風俗に行く必要がないぐらい、素人の女性を抱けるようになったからです。

    男性は可愛い子が好きですが、女性の中には私のようなブス好きの人が一定層います。

    簡単に言うと、お金を払わずに風俗よりも気持ち良いことができるので、風俗に通わなくなります。

    その方法はズバリ、エロい女性が集まる出会いサイトを使うようになったからです。

    下記の表をご覧ください。

    風俗をやめられない人 セフレを作ると?
    風俗通いをずっと辞められない。

    1年間で風俗に使うお金が10万円以上。

    本番行為はできない+虚無感のみ。

    罪悪感と後悔が続く。

    風俗に通う必要がなくなる。

    風俗にお金を使わなくて良い。

    素人なので本番ができる。

    セックス以外の楽しみができる。

    風俗を辞められない人は違う一歩を踏み出せない方です。逆に積極的に違う行動をすることで、風俗をやめるきっかけを得られるでしょう。下記のハッピーメールで素人のセフレを見つけませんか?

    出会い系サイトのほとんどは出会えませんが、探せば3個ぐらいは使えるものがありました。

    暇潰しの相手を探している、セフレを探している、メンヘラの女性を探せば見つかります。

    さらにネットの出会いなので、女性の連絡先をどんどん増やすことができます。

    ハッピーメールは芸能人が広告になるぐらい、健全なサイトなので女性が多いです。

    ハッピーメールの公式

     

    抱ける素人がいるのに、風俗に通う必要がありません。しかも、同意の上で本番ができます。

    中には、ど変態の女性もいたので、新しいセフレ探しに今も没頭中です。一度セフレになれば風俗とは違い、お金がかかりません。

    風俗を辞めるためには、素人の女性との出会いの数を増やすことがおすすめです。

    >>ハッピーメールの無料登録はこちら(18禁)

    性欲がオナニーよりも満たされる

    人間の三大欲求の一つが性欲です。男性の99%はオナニーをしますが、それは単純に「気持ちいいから」というものです。風俗に行けば行くほど、性欲の満足度が高くなります。

    風俗に通ってしまうのは、オナニーに比べると女性が手伝ってくれるという、スマホでエロ動画を見る光景が目の前にあるからです。視覚、聴覚、感覚を刺激しながら射精するので、オナニーでは満足できない体になってしまいます。

    風俗に通えば通うほど依存度が高くなり、辞めるのが難しくなります。

    まだ重症ではない方は早めに辞めることをおすすめします。

    ハマる大きな要因の一つとして、好きな風俗嬢を作ってしまうことです。鬼リピという言葉がありますが、お金がないのにリピートを続けて借金を背負うことがあります。

    癖になる性癖・お店がある

    風俗業界は常に新規店舗が生まれ、ライバル店同士が凌ぎを削っています。都心になれば、自分の性癖を満たせるお店は幾らでも見つかります。

    当時通っていた風俗ビルです↓

    風俗の入り口

    • ストレッチに特化した風俗
    • ギャルに特化した風俗
    • SMに特化した風俗など。

    彼女には要求できないようなプレイができるようになります。また、お金を払えば確実に抜くことができるので、お金を稼いでは風俗に使ってしまう方が多くいます。

    お金に執着がある人ほど、お金に対して無駄な使い方をしてしまうことが多いです。

    お金に支配されれば、お金の使い方も悪くなります。仕事をお金以外で選んでいる人はプライベートも充実していることが多いです。

    風俗を辞めたいと思っている方は、オナニーで満足するか、セフレを作りましょう。

    下記の内容を習得すればこんな自分とはおさらばできます。

    • 風俗で無駄なお金を使うことがなくなる。
    • 風俗に依存するのがバカバカしくなる。
    • やりたい時に無料で即日SEXができる。

    風俗通いを辞めたいと思っている方は、PCMAXがおすすめです。

    素人の生パンティー動画サービス、素人のガチオナニーが見れる「パンティーラブ」というコンテンツが熱いです。

    ジュエルライブ

    お互いにオナニーの見せ合いができます。今なら無料登録後100円で1,000円分のpt付きなので、1回相互オナニーが今すぐできます。

    風俗よりも圧倒的に格安価格+女の子が選び放題、素人のパンティー見放題です。

    上記サービスはPCMAXの無料登録後カンタンに利用できます。

    最近は痴女系の罵倒してくれる女性も増えてます。相互オナニーは癖になりますよ。

    風俗にハマっている方は、まずはこちらで抜け出すことをおすすめします。

    マダムライブ

    >>PCMAXの無料登録はこちら(18禁)

    下記はPCMAXのコンテンツの中にある素人と画面越しで楽しめるサービスです。

    まずは↑PCMAXの無料登録後ご利用ください。(格安価格で楽しめます。)

    風俗を通い辞めるとどうなる?

    風俗を通い辞めるとどうなる?

    風俗通いを辞める為には「辞めたらどうなる?」ということを知っておくことが大切です。

    私は風俗通いを辞めて確実に幸福度が上がりました。何故なら風俗通いは、お金を失うからです。

    貯金も出来ず、遊びにお金を使えない、遊びの場所が風俗だけになってしまいます。

    貯金ができるようになる

    貯金ができるようになれば、風俗以外にお金を使えるようになります。風俗の価格は1万円から2万円が相場なので、その金額があればある程度のものを買うことができます。

    また、ランチを通常よりも豪華にしたり、仲間、一人で美味しいものを食べたりすることができます。

    貯金ができると心に余裕が生まれるので、幸福度を上げる為に自分にお金を使いましょう。

    借金をしてまで風俗に行く人は、1日も早く辞めましょう。

    有意義な価値あるものにお金を使える

    • 新しい趣味にお金を使う
    • 今まで経験したことがないお金の使い方
    • 高級焼肉、高級レストランに行く
    • 仲間や家族にお金を使う

    人間は自分の欲望に使うお金は、使えば使うほど満足度が薄れていきます。例えば、100回風俗に行っている人よりも、初めて風俗に行く人の方が満足度が高いです。

    つまり、同じことにずっとお金を使い続けることは、自分にとって幸せだと感じなくなるのです。依存をするからお金を使う、だからあなたはこの記事を探して脱却したいと考えているのです。

    誰かの役に立つお金の使い方、今まで使ったことがないお金の使い方を模索してみてください。

    精神的な安定が手に入る

    風俗通い=風俗に依存をしています。つまり、風俗が無ければ精神的な安定が手に入らない状態です。

    しかし、辞めることができれば風俗に依存することなく人生を送ることができます。

    不安、寂しさ、後悔などのマイナスの精神に陥ることなく生活を送れます。

    この記事を見ているということは、風俗に対して罪悪感、後悔があるはずなので通いを辞めましょう。

    風俗依存を辞める方法

    ここからは具体的に風俗通いを辞める方法について解説をしていきます。

    一番簡単な方法は、依存をしている理由を他の何かで埋め合わせることです。

    性欲、寂しさ、孤独は彼女やセフレを作れば克服することができます。

    やめる方法1.彼女やセフレを作る

    彼女やセフレができると、風俗に行く必要がなくなります彼女やセフレなんて作れない!と思っている方も多いですが、今の時代なら出会いは簡単に作ることができません。

    昔の私はこんなことを思っていました。

    • 出会い系なんて出会えるはずがない。
    • デブす男の俺には関係がない
    • 風俗でしか女性は相手をしてくれない。

    でも、スマホの出会いって頑張る必要がないぐらい簡単でした。

    なぜなら、出会いを求めている女性しか使っていないから。

    大手で10年以上歴があるサイトを使っておけば、まず間違いがありません。

    S級の女性を選ばない限り、1ヶ月ぐらい本気で健全な出会いサイトや街コンに参加すればチャンスがあります。

    風俗に使うお金を出会いに使えば、中長期的に見ればかなりお得です。

    風俗を辞めるキッカケになりますし、風俗ではできない本番行為もお金をかけずにできるようになります。

    優良出会い系にはゴールデンウィークが開けて、出会いを求めている変態娘も増えてきました!

    やめる方法2.風俗と同じ額を何かに使う

    風俗に一回行くと1万円以上のお金がかかります。我慢できずにどうしても行きたくなれば、1万円分違う何かにお金を使いましょう。依存度が非常に高い人向けですが、お金を作れ次第風俗に行く人がいます。

    • 給料でお金が入る
    • パチンコで数万円勝つ

    この状況になった段階で、他の何かにお金を使いましょう。下記のようなメリットがあります。

    • 風俗に行けるお金を失うので、行けない
    • 行く回数が減ることで依存度が減少する
    • 他にお金を使うメリット体感する

    まずは風俗に行くお金を失わせる。また、お店のHPなどはチェックしないようにしましょう。他にお金を使いたくない方には下記の方法がおすすめです。

    風俗に毎月数万円のお金を使うなら、毎月数千円前後をセフレ作りにお金を使う方が効率的効率的です。

    実際に私が風俗通いを辞めた方法は、風俗に通う理由がなくなったからです。

    あなたも今月中にセフレを作ってみませんか?デブすのおじさんの私でも可愛い女の子を抱いています。

    やめる方法3.財布の中に5,000円以上入れない

    風俗に行くタイミングは人それぞれですが、外出している帰り道、飲み会の帰り道、パチンコの帰りなど。計画していなかったタイミングで風俗に行く人が多いです。

    つまり、外出時の財布の中身が風俗代を下回っていれば、必然的に風俗に行けません。キャッシュカード、クレジットカードを持たずに5,000円程度だけを入れていれば、このタイミングで風俗に通わなくなります。

    デリヘルなど、自宅にお金がある状態で呼んでしまう人は最低限のお金しか家に置かないようにしましょう。

    お金があれば浪費してしまう人が依存症にハマりやすいです。

    お金があると浪費してしまう人は、財布にお金を入れない習慣を身につけましょう。必然的に風俗に行けない環境を強制的に作ってしまいましょう。

    やめる方法4.誰かといる時間を増やす

    風俗に行くタイミングは、「寂しさ」「孤独」を埋める為に行く人が多いです。この寂しさ、孤独を少しでも和らげる為に誰かといる時間を増やすことがおすすめです。

    友達、家族、彼女がいない方は「共通の趣味」を持つ、仲間を探しましょう。今の時代はSNSを使えばオフ会、イベントなどが盛んに行われています。

    同じような価値観を持っている人といることで、違う時間の使い方ができるようになります。風俗に使うお金があれば、新しい出会い作りにお金を使うようにしてみませんか?

    また、立ち飲み、バーなどに行けば一人で来ている人もいるので、寂しさを埋めることができます。

    今までなら断っていたような飲み会、自発的に飲み会を開催することも一つの方法です。

    誰かと時間を共有することで、風俗に行きたい気持ちを抑えることができます。

    やめる方法5.テレビやネットから離れる

    テレビやネットは刺激が多すぎます。可愛い女性アイドル、タレント。また、すぐにテレビ、ネットを見ている時間帯はエロ動画を見れる環境です。

    テレビ、ネットを見て、暇だからエロ動画を見る。気がつけば風俗サイトを見ているという流れです。このような流れを防ぐ為には、家にいる時間よりも外出している時間を増やしましょう。

    上記で出てきたように財布の中身にお金を入れていなければ、必然的に風俗通いができません。最初は無理やり風俗に行けない環境作りが大切です。

    気がつけば、忙しくて行けていないという状態を作り、依存症から自然に脱却していきましょう。

    依存症についてもっと知りたい方へ |厚生労働省

    風俗通いは私生活の充実で辞められる

    風俗通いをしてしまうのは、私生活が充実していない証拠です。

    主に、仕事、家庭、孤独、お金のストレスから風俗通いになっている方が多いです。

    風俗通いを根本的に解決するためには、今抱えているストレスを解決するしかありません。

    • 仕事=転職or上司、部下に相談をする
    • 家庭=家族関係を良くする
    • 孤独=彼女を作る
    • お金=副業などでお金を稼ぐ

    一つずつ問題解決をしていくことで気がつけば風俗通いを辞めることができます。

    この記事を書いている私のストレスは「孤独」でした。仕事で話をすることが少ない、土日は一人で自宅にいるだけ。

    こうした毎日に嫌気がさして風俗通いの原因となっていました。

    私が取った方法はシンプルに「お金をかけずにやれる相手を増やす」という手段です。

    スマホを使えば容姿関係なくセフレは作れる

    昔に比べると「出会い」が本当に簡単になりました。少ないお金で沢山の出会いを作ることができます。

    しかも、女性にお金を払ってもらえば自分がデートにお金を使うことがありません。

    「出会い系」と言えば、サクラばかり、出会えないという時代がありましたが、大手企業が参入したことで「マッチングアプリ」の市場が拡大しました。

    大学生や社会人の女性の多くがスマホにマッチングアプリの出会いアプリをインストールしています。

    短期的に風俗通いを辞めるなら、出会いを作ってお金をかけずにやれる相手を見つけることがおすすめです。

    ちなみに、私が相手を探すときは以下にポイント設定をしています。

    容姿は普通以上

    男性は女性選びの時に「容姿」を重要視しますが、女性が男性を選ぶときの最優先事項は「容姿」ではありません。「フィーリング」「価値観が合う男性が良い」という女性が多いからです。特にネットで出会いを探している女性は男性に容姿以外の部分を求めることが多いです。

    最低限の清潔感さえあれば、容姿に自信がなくても上手くいきます。その証拠に、私は下の中ぐらいの容姿しかありませんが、お金をかけずにセフレ作りに成功しています。

    一人暮らし

    マッチングアプリで相手を探すときは必ず一人暮らしを選びましょう。なぜならラブホ代がかからないからです。また、一人暮らしに慣れていない女性は寂しさ、孤独を持っていることが多いので、すぐに自宅に招いてくれる可能性が高いです。

    変態な女性

    変態な女性かどうかはすぐにわかりませんが、仲良くなったタイミングで下ネタが通用するかどうかが見定めるポイントです。

    デートにお金はかけない

    デートにお金をかけるようなら、風俗に行くことと変わりありません。食事代は割り勘、ホテル代は使わなければ3,000円以下で遊ぶことができます。

    セフレになれば食事を食べずに、自宅に直行するのでお金は一切かかりません。

    このような流れを作ることができれば、風俗通いがお金の無駄に感じるようになります。何故なら風俗では本番はできませんが、セフレはお金をかけずとも本番行為がもちろん可能だからです。(相手が了承の上)

    つまり、素人から関係性を持つことの方がお金をかけずに、良い思いをすることができます。自分なんてできない!と思ったアナタ。やる前から決めるのは勿体無いです。

    女性のタイプは人それぞれなので、おじさんが好きな人もいれば、太っている男性を好きな人もいます。

    リアルではなかなか相手が見つからない人も、スマホを活用すればチャンスがあります。

    パチンコに行く人は要注意!

    パチンコに行く人の中で、パチンコに勝てば風俗に行く!というルーティーンができている方も多いと思います。

    1. パチンコで勝つ
    2. 勝ったお金を風俗で使う

    この流れを断ち切るためにはパチンコ自体を辞めることをおすすめします。

    何故なら、パチンコ依存症+風俗依存症のセットはパチンコを辞めれば二つの依存症を辞めることができるからです。

    私は20代の時、「パチンコ依存症」になりました。真面目な優等生だった私が、いつのまにかパチンコにハマり、人生が大きく変わりました。自分がなぜ、こんなことになったのか、今でもよく分かりません。

    ただ、最初にパチンコをした日のことはハッキリと覚えています。私の親はとても厳しい人でした。なので、会社の友だちに連れられ、初めてパチンコ屋に入った時、「親に知れたら怒られるだろうな」と思いました。が、その日、ビギナーズラックで大当たり。私は自分の力でスゴイことをやり遂げたような気がしました。「こんな楽しい世界があったのか」という感じです。しかし、その頃はまだ一人でパチンコをする勇気はなく、パチンコに行くことはしばらくありませんでした。

    その1年後、私は年下の男性と結婚し、実家を出ました。親は、年下の夫との結婚に反対でした。親の反対を押し切って結婚した新婚生活ですが、理想と現実の違いには失望することばかり・・・。夫は仕事で忙しく、私と一緒にいる時間はあまりありません。夫は入社したてで給料が安く、生活はいつもギリギリでした。私もパートで稼ぎましたが、生活費だけで精一杯で余裕がありません。そんな生活の中、私は一人でパチンコをするようになりました。パチンコで大当たりを出して、少ない生活費を増やそうと思ったのです。パチンコをしている時は、将来への希望がみなぎり、元気になります。退屈な生活の中、あの頃の私の唯一のエネルギー源は「パチンコ」だった気がします。

    私とパチンコ依存症:こころの病 克服体験記|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

    パチンコに1年間通い続ければほとんどの人が負けてしまいます。99.99%以上の人が大切な時間とお金、健康を失います。

    パチンコのメリットは全くありません。デメリットは数え切れないほどあります。

    パチンコに通い続けるデメリット

    • 汗水流して稼いだお金を失ってしまう
    • 周りの人が離れていく
    • 大切な時間を失う
    • 汚い空気なので、健康を害する
    • お金の価値観が変わってしまう
    • 風俗のような二次的な依存症が生まれる
    • 借金を背負う可能性がある
    • 他の趣味に時間とお金を使えない
    • 借金地獄にハマってしまう

    風俗とパチンコは1日でも早く辞めましょう。通い続けるのはデメリットしかありません。

    お金と人生を失う可能性があります。毎日のようにカードローン利用者が数百人といますが、大半はギャンブルか女関係の失敗です。一度人生が崩れてしまうと立て直すのに凄く時間がかかります。

    風俗に行くのを辞めた結果

    過去の私は毎週風俗に通っていました。当時は彼女、セフレもいなかったので、オナニーでしか性欲を解消することができませんでした。

    そんな時にふと先輩に誘われて、初めて経験をした風俗で人生が大きく変わってしまいました。

    • 毎週1万円以上を抜きに使ってしまう。
    • 抜きに行くためにギャンブルに行く。
    • 結果的にカードローンでお金を借りる。

    最終的にはカードローン地獄になる前に辞めることができましたが、今思うとゾッとします。人間の三大欲求の性欲は思っている以上に強く、

    抜きに行きたい願望が凄く強かったです。

    上記で紹介をしている内容で通うことを辞められた結果、私の人生はこうなりました。

    • お金を趣味に使えるようになった。
    • ヤりたいときにお金を使わずにヤレる。
    • 夜の店で消耗をすることがなくなった。
    • まっすぐに家に帰られる。

    仕事が終わったらギャンブルに行くか、風俗に行くかという最悪の生活を送っていましたが、今は変わりました。

    仕事終わりに有意義な時間を過ごせるようになったことが、最大の収穫です。

    趣味に時間とお金を使い、好きな人と時間を過ごす、セフレもできたの欲求を満たせる。

    女性にお金を使うことが増えましたが、それでも当時に比べるとまだマシな方です。

    風俗依存から離れる方法まとめ

    この記事では風俗通いを辞める方法を解説してきましたが、まずは短期的に風俗に行けない環境作りを自分で徹底すること。

    また、長期的には財布にお金が入っている状況でも、風俗に行かない状態になる必要があります。

    風俗に行く回数を徐々に減らしながら、他の有意義なことに対して時間とお金を使うようにしましょう。

    私自身、風俗に行くこと自体は否定はしていないです。働いている女性にもリスペクトをしています。

    しかし、借金をしてまで通う、全く貯金ができないぐらいハマってしまう方は注意をするようにしましょう。

    年に数回程度、楽しむぐらいに行くぐらいが良いのではないでしょうか?

    この記事通り実践すれば、今日から風俗通いを辞めることができますし、来月からは違う自分と出会うことができます。

    1回の射精に対して、数万円を払うのは馬鹿馬鹿しくありませんか?

    まずは今日から風俗を辞めるための方法を実践してみてください。

    依存症・アディクション – テーマ別情報・窓口 | NHKハートネット

    この記事の口コミを書く
    1
    2
    3
    4
    5
    送信
         
    キャンセル

    この記事の口コミを書く

    クンニしたい人向け!クン肉マンの公式サイト-出会いを応援
    平均評価:  
     2 レビュー
    by ミント

    私も20代前半のころ、よく風俗に通ってい時期があります。
    記事にもありましたが、パチンコと風俗がセットの生活でした。
    パチンコあるあるかもしれませんが、友人と一緒にパチンコに行けば、借金していようが関係なく、勝った方が風俗を奢るということを、よくやっていたのです。
    何なら負けても、ストレス解消のため風俗に通っていました。この頃、私の脳みそは風俗とパチンコで出来ていて、それ以外の情報は遮断するようになっていたのです。

    パチンコや風俗より、リアルな女性を落として抱く時にでるドーパミンの方が興奮出来ます!

    by 牛若

    風俗はもう辞める!金の無駄にしかならない。大切な人との時間を大事にする。