最近、高収入のお仕事として女性から人気を集めているのが「メンズエステ」です。

そんなメンズエステですが、お店だけではなくセラピスト個人にも「税務調査が入る」という噂があります。

そこで今回の記事では、メンズエステの税務調査について調べてまとめてみました。

税務調査はお店だけじゃなくセラピストにも行われている!

調査した結果から先に伝えると、税務調査は「セラピスト個人にも行われる」といった事実が判明しました。

「税金関係の処理はお店がしてくれてるんじゃないの?」と驚く人も多いと思います。

残念ながら、メンズエステのセラピストは、会社員ではなく「個人事業主」なので基本的に自分で税金関係の処理を行わなければいけません。

税金の申告・支払いを放置していると後々とんでもないトラブルになる事も多いので、忘れないようにしましょう。

税務調査って何?なんでセラピストも調査されるの?

正社員・アルバイト・パートといった会社やお店に雇用されて働いた経験しかない人からすると「税務調査って何?」って感じですよね。

税務調査とは「申告内容が間違っていないか」といった点を確認しています。

調査の対象は、従業員にお給料を支払っている企業・お店だけではなく「個人事業主」も含まれているという点に注意しましょう。

企業やお店に雇用されて働いている人は、毎月のお給料から所得税や住民税といった支払わなければいけない税金が引かれています。

なので、自分で税金の申告や処理をする必要がありません。

一方、メンズエステのセラピストやキャバ嬢等のお仕事は「個人事業主」として扱われています。

働いて貰ったお給料は「税金が引かれる前のお給料」なので、自分で税金の申告や支払いを行わなければいけません。

この税金に関する申告がよく耳にする「確定申告」です。

メンズエステのセラピストもお店で働く事にはなりますが、個人事業主で確定申告をしなければいけない事を忘れないようにしましょう。

税務調査の対象を受ける事になったらどうなるの?

税務調査で多くの人が不安に感じているのが「税務調査を受ける事になった時」と「受けた後」ですよね?

まず最初に覚えておいてほしいのが「ちゃんと確定申告をしていても税務調査の対象になる事がある」といった点です。

毎年きちんと確定申告をしていても、申告内容が間違っていないか調査が行われる事も珍しくありません。

もちろん、申告内容に間違いがなければ調査はすぐに終わりますし、ペナルティーを与えられる事もないので安心してください。

しかし、申告内容に間違いがあった場合、そもそも確定申告をしていない(無申告)の場合はペナルティーを受ける可能性があります。

確定申告をしている場合の税務調査

毎年きちんと確定申告をしている人が税務調査の対象になった場合は、基本的には確定申告の書類や領収書等の資料を用意するのみとなります。

調査当日に、担当者に書類・資料を渡して申告内容が間違っていないか調べていく事になります。

先程も解説しましたが、申告内容が間違っていなければ書類・資料の確認が終われば調査は全て終了となります。

一方、申告内容に間違いがあった場合は、指示された通りに「修正申告書」を作成する事になります。

修正した結果、不足分の税額や延滞税、過少申告加算税を計算して追加で納税します。

調査の際に、申告内容の間違いが「故意・不正」だと判断されると、調査範囲が3年から「5~7年」へと伸ばされます。

もちろん、伸びた調査範囲内に申告漏れ等の間違いがあれば、追加で支払う税金は高くなっていきます。

確定申告をしていない(無申告)の場合の税務調査

「確定申告をしなければ税務調査の対象にならないんじゃないの?」

そう考える人も意外と多くいます。

残念ながら、確定申告をしていない個人事業主もしっかりと税務調査が行われていて追加で税金を納めています。

5~10年以上、確定申告をせずに逃げられたという人はいないと言われているので絶対に確定申告を行うようにしましょう。

無謀にも確定申告をせずに税務調査から逃れようとしてバレるとどうなると思いますか?

まず、調査範囲は「無条件で最低5年」、不正目的・悪質だと判断されると「最大7年」まで遡って調査する事になります。

「たったそれだけか」と思うかもしれませんが、「7年分の税金を一度に請求される」と考えるとどれだけ恐ろしいことか理解出来ると思います。

きちんと確定申告をしていた人が追加で行う納税は「足りない分」です。

しかし、確定申告をしていない無申告の人は、税務調査が行われるまで全く税金を納めていませんよね?

お金を稼いでいれば稼いでいる分だけ支払う税金は多くのなるので、数百万円を請求される事も珍しくありません。

税務調査は逃げ切れるものではないので、余計な税金を払わないためにも毎年きちんと確定申告を行うようにしてください。

税務調査が行われる時期は不定期!お店への調査から申告漏れが発覚するケースも多い

税務調査では、対象者(企業・個人)に対して事前に郵便等でお知らせが来ます。

残念ながら、税務調査が行わる時期に法則はなく、ランダムで行われています。

ある程度、対象者の都合を聞き入れてもらう事が出来ると言われていますが、税務調査を拒否する事は出来ません。

税務調査の対象にならないようにするには、やはり毎年の確定申告が必須と言えるでしょう。

また、メンズエステ店に税務調査が入った事がきっかけで、セラピストも税務調査を受けるといったケースもあります。

税務調査では、お店の売上だけではなく「支払い履歴」も調査されます。

支払い履歴は、経費以外にも「セラピストへの報酬」も含まれています。

その際に、お店から受け取ったセラピストが納税をしているかどうかを調べる事も珍しくないので気を付けましょう。

税金関係をクリアしてメンズエステでガッツリ稼ごう

税務調査は、納税を誤魔化している可能性がある人に対して行われています。

税金に関わる調査だと聞くと身構えてしまうかもしれませんが、毎年正しく確定申告を行っていれば何も怖い事はありません。

メンズエステのセラピストもそれは同じなので、しっかりと納税をする事で安心・安全に働けるお仕事です。

確定申告や納税といった税金関係の申告・支払いをクリアにしてメンズエステでガッツリと稼ぎましょう。

確定申告しなければいけない金額は専業と副業で異なる

確定申告で気を付けなければいけない点として「確定申告が必要になる金額」が挙げられます。

メンズエステのセラピストの収入だけで暮らしていく「専業」は「収入-経費=基礎控除額48万円」を超えた時点で確定申告が必要となります。

収入から経費を引いた金額が「48万円」を超えているかどうかが分かれ目となります。

一方、副業としてメンズエステで働く場合は「収入-経費=20万円」を超えると確定申告を行わなければいけません。

どちらも個人の状況によって多少金額が上下するので「目安」として覚えておくと良いでしょう。

自分で確定申告をする自信がない時は会計ソフトや税理士に任せよう

収入や経費の管理を自分でする自信がない、面倒くさいからやりたくないという人も多いと思います。

しかし、確定申告や納税はしっかりと行っていないと後でかなり痛い目に遭ってしまいます。

自分で確定申告をする自信がないという人は「会計ソフト」や「税理士」に頼る事をおすすめします。

最近は、個人事業主が増えた事もあり、計算や書類の作成が苦手な人むけの会計ソフトも数多く販売されています。

指示に従って収入や経費を入力していくだけで、確定申告に必要な情報を整理する事が出来ます。

一方、税理士に税金関係の処理を任せているセラピストも多くいます。

税理士を雇用するのは、それなりの金額が必要となるのでしっかりと稼いでいるといった条件を満たす必要があります。

しかし、税金のプロに任せられるので確定申告・納税に不備が起きる心配がありません。

確定申告に不安がある人は、会計ソフトや税理士への依頼も検討してみてください。

まとめ

メンズエステ店のセラピストは、店内でお仕事をしますが実は「個人事業主」となります。

収入や税金に関する申告は自分で行う必要があり、不備や不正を疑われた際に税務調査の対象となります。

申告漏れ等の過少申告があれば追加で税金を納める事になります。

また、ごく一部のセラピストは確定申告をしていませんが、必ずバレるので辞めておきましょう。

無申告での税務調査は、確実に多額の税金を請求されるのでメリットは何一つありません。

メンズエステのセラピストとしてガッツリとお金を稼ぐ際は、余分な税金の支払いが発生しないように毎年確定申告と納税をするのがおすすめです。