高収入のお仕事として、人気や需要が徐々に高くなっているのが「メンズエステのセラピスト」です。

風俗じゃないのに、ガッツリ稼げる。その理由が気になるという人も多いですよね?

そこで今回は、メンズエステのセラピストの給料やバック率を調査してまとめてみました。

結論から言うと、1日3万円以上稼ぐことも理論上可能です。

「時給制」と「歩合制」から選べてバック率は50%が基本

調査した結果、メンズエステでは働く女の子が「時給制」と「歩合制」から選べるお店がほとんどでした。

それぞれ異なるメリットとデメリットがあるので、自分に合った稼ぎやすいお給与システムを選ぶ事が出来るようになっています。

メンズエステのセラピストが高収入なのは「働く女の子が稼ぎやすいお給料システム」を用意しているからなんですよ。

歩合制の場合は基本的に50%バックです。

働いた時間でお給料が貰える「時給制」

一般的なアルバイトやパートと同じように「働いた時間だけお給料が貰える」のが時給制の最大の魅力です。

メンズエステは、日によってお店に来るお客さんの数がバラバラです。

忙しい日もあれば、全くお客さんが来ない暇な日も珍しくありません。

歩合制を選んでいるとお客さんが来ないとお給料がほとんど発生せず、「出勤した意味がない!」という事も起きます。

しかし、時給制であればお客さんや接客した数に関係なく、出勤してお店にいた時間の分だけお給料が発生します。

出勤したのにお給料が全然貰えなかったという心配がないのは大きな魅力ですよね。

また、メンズエステのセラピストは「時給制でも高収入」です。

地域の平均時給と比べると1.5倍~2倍近く時給が高いので短時間でもしっかりとお金が稼げます。

一方、時給制のデメリットは「自由出勤が出来ない」といった点になります。

歩合制を選ぶと自分の好きな日に好きな時間だけ働くといった自由出勤制を利用する事が出来ます。

しかし、時給制を選ぶと「シフト制」になるお店がほとんどです。

予め決められた曜日や時間帯に働く事になるので、少し自由度が下がってしまいます。

また、最近ではお給料システムが歩合制のみのお店も増えています。

自分が働きたいエリア内に時給制のメンズエステ店がないといった事も増えています。

自由度が高く達成感のある「歩合制」

メンズエステのお給料の主流になりつつあるのが「歩合制」です。

メンズエステの求人に記載されている歩合制の多くは「完全歩合給」の事を指します。

歩合制は、お客さんが支払った料金をお店と「折半(半分)」にします。

例えば、お客さんの支払い総額が「2万円」だった場合は、セラピストのお給料は「1万円」となります。

同じ歩合制でもセラピストのバック率(取り分)の割合はお店によって異なります。

売上の60%がセラピストのお給料になるお店もあれば、売上の40%がお給料になるお店もあります。

歩合制で働く場合は、面接の時にしっかりとバック率を確認しておきましょう。

歩合制を選ぶ最大の魅力は「頑張った分だけしっかりと稼げる」といった点です。

お店が忙しく1日に多くのお客さんを接客すれば、その分お給料が増える事になります。

努力してリピーターを増やして、キャバ嬢や風俗嬢よりも稼いでいるというセラピストも存在しています。

頑張りがお給料に反映されるといった点は、モチベーションの維持にも繋がりますよね。

もちろん、歩合制にもデメリットは存在します。

最も注意しなければいけないのは、やはり「お客さんを捕まえないとお給料が発生しない」といった点です。

お客さんが支払ったお金をお店と分ける歩合制は、そもそもお客さんが来ないとお給料が発生しません。

お店によっては後述する日給保障制度があるので、出勤すれば少しはお金を貰う事が出来ます。

しかし、全くお客さんが来ない日は、ほとんど稼げないといった点は気を付けましょう。

また、頑張りがお給料に直結するという事は「仕事を適当にしてしまうとお給料が減る」という事でもあります。

常に向上心を持って、お客さんを満足させる努力をし続ける必要があります。

メンズエステには嬉しいお手当や待遇を用意しているお店が多数!

時給制・歩合制といったお給料システムだけが稼げる理由ではありません。

メンズエステのお店の多くは、特別手当や待遇といった働く女の子が稼ぎやすい環境を用意しています。

ここでは、メンズエステによくある待遇について解説していきます。

お客さんが少なくても大丈夫!「日給保障制度」

歩合制を選んだ時に不安になるのが「お客さんが来なかった時」の事ですよね?

全く稼げない日があるなら、他のお仕事をしようかなと考える人も意外と多くいます。

そんな女の子が安心してメンズエステのセラピストとして働けるように用意したのが「日給保障制度」です。

歩合制を選択した際に、全くお客さんが来なかった日でもお店が決めた「最低日給」を貰う事が出来ます。

残念ながら、時給制のセラピストよりも貰える額は少なくなりますが、それでも「出勤すれば最低はこの額は稼げる」と分かっていれば安心して働けますよね。

また、日給保障制度と似たような「待機時給保障」という制度も存在します。

稼げない日・時間帯に自動的に最低時給に切り替わるといった保障制度です。

時給は800~1000円が相場と言われています。

一般的なアルバイト・パートと同程度、または少し低めですが、お給料が貰えないよりもマシですよね。

日給保障・待機時給保障制度の有無や金額はお店によって異なるので、必ず面接の時に確認しておきましょう。

賞与・ボーナス・インセンティブがあるお店も!

メンズエステ業界では「賞与・ボーナス・インセンティブ」は基本的に同じ意味で使用されています。

お店が指定する条件をクリアした場合に、お給料とは別にお手当をもらう事が出来ます。

条件は、売上総額・指名数だけではなく、無遅刻・無早退・無欠席やホームページからの指名等、様々な条件があります。

昇給はバック率のアップを指す

メンズエステの求人を見ると「昇給あり」と記載しているお店を目にします。

メンズエステ業界での昇給とは「バック率アップ」を指します。

歩合制のバック率は50%が主流となっていますが、必ずしも固定というわけではありません。

お店が指定条件をクリアする事でバック率を上げてもらう事が可能となっています。

新人の頃は50%だったバック率が55%や60%になった時に「昇給した」という感じで使います。

昇給の条件もお店によって異なりますが、「仕事に慣れた」「指名が増えた」「アンケートの結果が良かった」といった条件が多いようです。

本指名のバック率は100%!稼ぐにはリピーターをゲットするのが一番の近道

売上に関するバック率とは別に「本指名バック」という待遇もあります。

メンズエステでは1回目の指名を「初回指名」、2回目以降の指名を「本指名」と呼んでいます。

各お店の料金システムを見てみると、初回指名より本指名の方が料金が高くなっている事が確認出来ます。

この本指名料は「全てセラピストが受け取れる」とお店がほとんどです。

本指名料のバック率は驚きの「100%」という事になります。

メンズエステで効率的に稼ぐためには、売上を増やすと同時に、どれだけ本指名を増やせるかといった点も大切です。

リピーターを増やすために、接客マナーやマッサージの技術を磨いてお客さんの満足度をアップさせましょう。

オプションで稼ぐセラピストも

風俗店とは異なり、メンズエステにはあまり多くのオプションはありません。

中には、オプションが1つもないというお店も存在しています。

メンズエステで多いオプションは「ホイップトリートメント」と「ディープリンパ」の2つとなっています。

オプションのバック率もお店によって異なりますが「50~100%」のお店が多い傾向があります。

中には、オプションのバックで稼いでいるセラピストもいますが、メンズエステで初めて働くという場合は頭の片隅に置いておく程度で大丈夫です。

交通費・その他の待遇も充実

もちろん、交通費を支給してくれるお店も多くあります。

交通費全額支給や1ヶ月○万円支給等、貰える交通費の金額はお店によって異なります。

また、それ以外の待遇として、「食事補助」や「家賃補助」、さらにメンズエステで働いている事をバレたくない人向けの「アリバイ会社の無料利用」といった様々な待遇を用意しています。

女の子が安心して、しっかりと効率良く稼げる環境作りに努めているお店がほとんどです。

メンズエステでしっかりと稼ぐための3つのコツ

メンズエステのお仕事は元々高収入なので、普通に働いているだけでも一般的なお仕事よりも稼ぐ事が出来ます。

しかし、これから紹介する3つのコツを実践するだけで、さらにお金を稼ぐ効率をアップさせられます。

これからメンズエステのセラピストとして働こうと考えている人は、是非参考にしてみてください。

出勤する曜日と時間帯を固定してリピーターをゲット

先程も解説した通り、メンズエステで稼ぐには「本指名の数を増やす」事が大切となります。

そのためには、出来るだけ出勤する曜日や時間帯を固定しましょう。

本指名をしてくれるお客さんの多くは、元からお店に通っている常連さんばかりです。

常連さんが運悪くお気に入りのセラピストが休みの日に来店すると「じゃあ、違う子を試してみようかな」となり、新しいリピーターゲットのチャンスとなります。

逆に言えば、出勤する曜日・時間帯を固定していないと、お店にいる他のセラピストに常連さんを取られてしまう可能性があるという事です。

自由出勤制を採用しているお店で働く場合でも、お客さんにいつ出勤しているのか覚えてもらうために曜日・時間帯は固定する事をおすすめします。

お店のホームページやSNSで積極的にアピールする

ホームページにセラピストの日記やブログを記載しているお店も増えています。

お客さんの多くは、ホームページを見て来店しています。

来店前には、ほぼ確実にセラピスト一覧や日記・ブログを読んでいます。

日記・ブログに登場する回数が多ければ多いほど、新規のお客さんを獲得するチャンスが増えます。

日記・ブログが当番制でない場合は、積極的に自分からアピールしていきましょう。

また、SNSでのアピールも効果的です。SNSの利用はお店の許可が必要なケースも多いので、事前に相談して許可を貰ってからSNSでの集客を行うようにしてください。

接客マナーとマッサージ技術の向上も忘れない

どれだけ可愛くても、どれだけ綺麗でもそれだけでは稼げないのがメンズエステです。

もちろん、外見の良さは武器の1つになります。

しかし、肝心の接客マナーやマッサージ技術が低ければリピーターになってもらう事が出来ません。

向上心がないまま成長をしないと、セラピスト歴だけが長くなり、収入はドンドンと減っていってしまいます。

お金を稼げるチャンスが多いメンズエステでせっかく働くのであれば、しっかりと稼げるようになりたくはありませんか?

接客技術で言えば、常連さんの名前や前回の会話を覚えておくだけでも、与えられる印象は大きく異なります。

そこに、高いレベルのマッサージを加える事で簡単にお客さんをメロメロにする事が出来ます。

ちょっとした工夫で稼げるようになるのもメンズエステならではの特徴です。

向上心を忘れる事なく、常に自分をバージョンアップさせてお金を稼いでいきましょう。

まとめ

メンズエステのお給料は時給制と歩合制の2パターンから選ぶ事が出来ます。

近年は、時給制のお店は減り、歩合制が主流となってきています。

また、多くのお店では女の子が安心してお金を稼げる環境や待遇を用意しています。

効率良くお金を稼ぎたいという女子は、メンズエステのセラピストを目指してみてはいかがでしょうか?