メンヘラセフレの作り方とは?

セフレを作るならメンヘラと出会い、攻略をするのが一番簡単な方法です。

メンヘラ女子は可愛い子が多いので、美人とやりたい方におすすめです。ネットで探す方法が一番効率よくメンヘラと出会うことができます。

しかし、メンヘラと関係を持つことによるデメリットもあります。こちらまで精神的なダメージを与えられる可能性があるので、注意が必要です。

当記事ではメンヘラとの出会い方、特徴、セフレにする方法について解説をしていきます。

この方法を使うことで、あなたは1ヶ月以内にメンヘラ女子との関係性を持てる確率が上がるでしょう。

セフレを作りたい!メンヘラと出会いたい方はぜひ最後までご覧ください。

メンヘラの特徴早見表
SNSや人に依存をする傾向がある。
嫉妬深く浮気に対して非常に敏感。
被害妄想・ネガティブな方向ばかりを考えてしまう。
ホストにハマってしまう。
構ってちゃん、寂しがり屋さん。

メンヘラのセフレにするには?

メンヘラとどうやってセフレになる?

まずはどこで出会うのか!について解説をしていきます。リアルに生活をするだけでは、なかなか出会うことができません。

メンヘラと出会える場所早見表

  • 出会い系サイト
  • マッチングアプリ
  • 歌舞伎町・宗右衛門町
  • SNSでネットナンパ

結論から言うと、出会い系、マッチングサイトを使えばすぐにメンヘラと出会うことができます。

下記のような特徴があるので、自然とネットでの出会いを探します。

  • 寂しくて構って欲しい
  • 現実逃避をしたい
  • 男に依存をしたい
  • セックスをして紛らわしたい

このような状況に陥っているので、男を探している女性が多く、その多くがスマホでの出会いを求めています。つまり、重要なことは出会い系、マッチングアプリでの探し方です。

プロフィール、写真、メールの文章を見ればすぐにメンヘラかどうか見極めることができます。

後は、メンヘラ攻略の方法を使えば、すぐにセフレ化することができます。

リアルの出会いの場でメンヘラを探すことは非常に難しいです。しかし、ネットなら最短即日で探すことができます。

特に出会い系を使えば、メンヘラ度が高い女性はすぐに見つかります。基本的にかまってちゃんなので、出会い系で相手を探している人が多いです。

出会い系ですらメンヘラ女性はモテないので、優しくするだけで攻略することができます。他の男性が言わないような言葉を投げかけて他の男性と差別化するようにしましょう。

メンヘラ女との出会いは出会い系サイト

メンヘラの目的は「ガチ彼氏」というわけではなく、「寂しさを忘れさせてくれる存在」を探しています。つまり、婚活アプリ、真面目な恋愛アプリではメンヘラは少ないです。

それよりも軽い出会いを探している人達が集まる出会い系サイトに集まる傾向があります。

出会い系サイトから探すときは下記の二つのポイントに注目しましょう。

  1. プロフィール文章から溢れ出るメンヘラ感
  2. メッセージを送った時の反応

大きな特徴として、プロフィールにヒントがあります。下記のようなプロフィールはメンヘラ度が高いです。

  • 写真をかなり盛っている
  • 寂しさアピールしている
  • 浮気絶対許さないと書いている
  • 男運がないアピール
  • 重たいと言われるアピール

一般的な女性が出会い系で男性を探す場合、自分の良いところをアピールします。しかし、メンヘラ女子は逆の書き方をします。

自分のダメなところ、自分のマイナスポイントを羅列します。なぜなら、そのダメなポイントを最初からわかってくれる男性と出会いたいと考えているからです。

つまり、プロフィールを複数見るだけでもヒントはかなり隠れています。自分を下げた書き方をしている人がいれば、メンヘラの確率は高いです。

プロフィールから漂うメンヘラ感を見つけたら、焦ってはいけません。ゆっくりと仲良くなることを心がけることが大切です。

メンヘラ女はマッチングアプリで出会う

ペアーズ、omiai、withのような健全を売りにしているマッチングアプリでも探し方は基本的に同じです。

プロフィール写真が自撮り

一般的な女性の多くは、自分の顔写真を公開するときに、誰かに撮られた写真をアップします。しかし、自撮り写真を上げて、自分を盛りまくっている女性はメンヘラ度合いが高いです。

なぜなら、承認欲求が非常に高いので、自分が可愛いと思われたい、可愛いと言ってほしいという気持ちが現れています。

下ネタでも平気

LINEでやり取りをして、電話をした後は、下ネタの反応を見てみましょう。それもただの体目的ではなく、「〇〇ちゃんと引っ付きたい」のような内容を送ってみましょう。

そこで反応が悪ければ、出会ってもセックスできない場合があります。逆に、下ネタに好反応であれば、出会った即日にラブホテルに行ける可能性が高いです。

深夜のアクティブ会員

深夜逆転をしているのが、メンヘラの特徴です。仕事のストレスで寝ていない、そもそも仕事をしていない人が多いので、自然と深夜のアクティブ会員になっています。

ペアーズなどでは、ログイン時間で女性を探せるので、深夜にログインをしている女性はチャンスが高いです。平日の3時頃にマッチングアプリを開いている時点で、男欲が凄いことがわかります。

2通連続で連絡が来る。

メンヘラはとにかく、誰かに依存をします。一人でいる時間にストレスを感じるので、誰かと繋がっていたいとう気持ちが強いです。

SNSやLINE、出会い系など。誰かと連絡を取っていないと不安になるので、返信が遅くなると2通連続で連絡があることがあります。

ネットの出会いはマッチングアプリと出会い系に別れます。

主なマッチングアプリ一覧

  • ペアーズ
  • Omiai
  • With
  • タップル

このような大手のマッチングアプリはメンヘラ度が高くない女性が多いです。キラキラしたリア充が使っています。

逆に出会い系にはマッチングアプリでは埋もれてしまうようなメンヘラ女性が多いです。

主な出会い系

  • PCMAX
  • ワクワクメール
  • ハッピーメール
  • ミントJメール

メンヘラをセフレにするなら、大手のマッチングアプリではなく、出会い系サイトを攻略しましょう。

使っている男性層も違うので、出会い系の方がモテることができます。マッチングアプリは双方の良いねが必要なので、ハードルが高いです。

出会い系ならすぐにメッセージ開始できるので、無駄な時間や機会損失が少ないです。

メンヘラと出会える場所はどこ?

メンヘラを探しやすいおすすめの出会い系について紹介をしていきます。世の中には数千個の出会い系サイトが存在していますが、実際に使えるのは片手で数える程度しかありません。

女性は安心して利用できる、運用暦が長い出会い系サイトに集まります。未だに出会い系サイトに対して悪いイメージを持っている人も多いので、安全面が一番重要です。

ハッピーメールを使った出会い方

ハッピーメールは会員数が2,000万人を突破。ネットだけではなく、都心部の街頭広告などにも積極的に使うことで、リアルな会員が毎日増え続けています。

芸能人をイメージキャラクターに利用しているので、女性も安心して使いやすいという特徴があります。

セフレを探す、エッチ仲間を探すなら一番使いやすいサイトと実感しています。

基本的にはギャル系、清楚系の女性(20代を中心)に登録をしている特徴があります。

メンヘラを狙うなら自撮り写真で自分を盛っている女性で、ネガティブなプロフィールの女性を探しましょう。

ハッピーメールは年齢確認必須なので、変な業者がいたりすることが少ないです。

PCMAXを使った出会い方

PCMAXには昔からヤリマン、変態な女性が集まりやすいと評判が高いサイトです。特に東京、大阪、福岡、名古屋の女性ユーザーが多いので、都心部に住んでいる方におすすめです。

運営歴も18年を突破しており、健全な運営をしているからこそ長くユーザーが使い続けています。

マッチングアプリなどに比べるとエロい投稿をしている女性も多く、セフレを探しやすい出会い系サイトと言えるでしょう。

メンヘラ率も高く、セフレを探すのにおすすめのサイトです。

マッチングアプリが出会いに適切ではない理由

基本的にメンヘラを探すならマッチングアプリよりも、出会い系サイトの方が探しやすいです。

マッチングアプリはキラキラした女性が多く、イケてる層が使っています。

  • 美人
  • スペックが高い
  • 高学歴
  • 大学生
  • 清楚系の美人

マッチングアプリを使う場合、基本的に双方で同意「良いね」をしたもの同士が連絡を取れるようになります。私のようなブス男にはチャンスが少なく、美女を攻略することは限りなく難易度が高いです。

メンヘラを探す、やれる相手を探すなら、こっそり相手を探しているハッピーメール、PCMAXなどの利用が良いでしょう。

ペアーズ、with、tinderなどは優秀なマッチングアプリですが、メンヘラ探しには向いていないです。

どうせ探すなら効率が良い優良の出会い系サイトを利用しましょう。

出会い系サイトでメンヘラを攻略する方法

メンヘラと一番出会う簡単な方法は出会い系サイトを利用することです。上記で紹介したような、PCMAX、ハッピーメール、Jメール、ワクワクメールを使えばメンヘラを探すことができます。

出会い系の攻略方法は大きく分けて3つのポイントがあります。下記のポイントを守れば、メンヘラと連絡後、セフレにできる可能性が上がるでしょう。相手がどういう存在を求めているか、理解することが大切です。

メンヘラ女の出会い系プロフィール

メンヘラと出会うためには、メンヘラを探し当てる必要があります。

具体的に言うと、

  • プロフィール写真が自撮りで盛れている
  • 男運が悪いアピール
  • 依存をしてしまうアピール
  • 恋愛は重たいアピール

上記の項目を満たす女性を探していけば「メンヘラ」を見つけることができます。出会い系サイトを使えば高確率で見つけることができるので、次の通りに連絡を行なっていきます。

連絡している間は下心を出さない

多くの人が失敗する事例が「連絡時から下ネタ」を連発してしまうことです。女性は出会い系でセフレを求めている場合も、最初から下心丸出しの男性を引いてしまいます。

どれだけ変態な女性でも、最初は健全な出会い、健全なやり取りというストーリーを大切にします。男性は極論やれれば誰でも良いのですが、女性の場合は違います。

恋愛という物語、ストーリーがある中でセックスすることを好みます。その為には出会う手段がネットだとしても、良い人から入るのが健全であり、チャンスを逃す心配がありません。

メンヘラは男性が好きですが、下ネタ男性は好きではありません。出会い系はヤリモクの男が多いので、そういうメッセージばかり届いているのでうんざりしています。

最終的にはヤリモクでも、最初は紳士になることで他の男性と差別化することができます。その証拠に、最初から下ネタを出さないで連絡を取り続ける方が成功しています。

  • 口説いてはいけない
  • マメに相手の返信に答える
  • 下ネタトークをしない

相手の承認欲求を満たしてあげる

メンヘラは基本的に自分が嫌いです。自分の性格、外見、恋愛に自信がないからメンヘラになってしまうのです。浮気をされるのではないか心配、自分だけを見てくれないと心配。全ては自分の自信がないという理由が直結しています。

つまり、相手を認めてあげる存在になることが重要です。相手の話を聞いてあげる、否定も肯定もしないで、単純に聞いてあげる存在になることが大切です。

女性は自分の話を聞いて答えが欲しいのではなく、単純に話を聞いてくれる人に近づいていきます。

相手にとって特別な存在になれば、体の関係になりやすいです。無理やりするのではなく、抱いてほしい!と思われる男性になりましょう。

外見ではなく、内面勝負で十分に戦えます。

他の男性がメンヘラ女にしないことを意識する

出会い系を攻略するためには、他の人がやらないことを意識するようにしましょう。よくやりがちなことが下記の通りです。

  • すぐに連絡先を交換したがる
  • すぐに出会おうと誘ってしまう
  • すぐにラブホテルに誘う

いくら変態な女性でも、よくいる男性にはうんざりしているケースが多いです。逆のことを徹底してやるだけで、相手に与える印象がガラッと変わりますよ。

ポイント1!出会うまでに時間をかける

出会い系を攻略するための1つの手法は、出会うまでに時間をかけることです。これはハイリスクハイリターンです。他の男性に取られる可能性もありますが、寝かせれば寝かせるほど即日ラブホテルも可能になります。

ちなみに私の場合はこのパターンで攻めることが多いです。というのも、複数の女性と常に連絡を取り合っているので、焦る必要がありません。

私の場合は常に3つの種類に女性を分類しています。

  • 種まきの段階の女性
  • 電話で連絡を取り合っている女性
  • 既にセフレ化した女性

種まきの段階は焦らないです。というのも、長年出会い系サイトを使ってきましたが、焦りが見えた段階で相手に逃げられてしまいます。むしろ、こちらからは攻め過ぎに、相手から会いたい!と思わせるぐらいが良いでしょう。

ポイント2!出会うまでに勝負を付けておく

ラブホテルでセックスをするためには、出会うまでに勝負を付けておくことが大切です。女性は男性以上に外見を気にしません。美女と野獣のカップルがいるのは、美女が外見を気にしていないからです。

つまり、ブスな女性が男性を落とすのは難しいですが、ブスな男性が女性を落とすことは簡単なのです。

出会い系サイトで連絡先を交換した後は、電話で仲良くなるように意識をしましょう。

メンヘラ女の特徴・出会い方

メンヘラがいる場所

メンヘラとは、何らかの精神的な問題を抱えている人のことを言います。

原因は人それぞれですが、特徴は基本的に同じです。下記の特徴を見抜くことができれば、出会い系以外の出会いの場でもメンヘラと出会いやすくなるでしょう。

自信がなく、承認欲求が高い

基本的に自分に自信があれば、精神状態は安定しています。自分に自信がないからこそ、誰かに依存をすることで、紛らわせる人が多いです。

さらに、承認欲求が非常に高いです。SNSでイイねが欲しい、認めて欲しい、可愛いと言われたいなど。自分を褒めてくれる人を求めています。

逆に叱咤激励をしてくるような人から離れていきますし、自分を一番に認めてくれなければ離れていきます。

ネガティブでマインス思考

常にマイナス思考、ネガティブな発想をします。彼氏と連絡が取れなければ、すぐに「浮気をしているのではないか?」「他の女の子と一緒にいるのでは?」という考えを持ちます。

だからこそ、付き合うと常に連絡を取り続けなければいけないですし、少しでも連絡が遅れると不安で心が押しつぶされそうになってしまいます。

メンヘラはとにかくマイナス思考なので、ネガティブで悪い方向ばかりに考えてしまいます。

ずっと一緒にいると、こちらまで疲れてしまうので最初に期間を決めておくことが重要です。ダラダラとお付き合いをしてはいけません。

夜行性で朝は動かない

出会い系、マッチングサイトで相手を探すときは深夜です。深夜に眠れないので、電話、連絡を取れる相手を探します。

ペアーズなどのマッチングアプリではログイン時間がわかるので、深夜に探すのがおすすめです。朝、昼、夕方のマッチングアプリは健全な出会いを求めている人が多いですが、深夜の時間帯はやれる出会いを探している女性が多いです。

出会い系サイトも同じく深夜ログインで活発に動いている人を探していきましょう。

妄想力が高く、悪い想像ばかりしてしまう

メンヘラの女性は自分で勝手に悪い妄想ばかりをしてしまいます。

彼氏の連絡が遅い=浮気をしているのではないか?

最近会ってくれない=もう私のことが好きではない。

電話をしてくれない=振られるかもしれない。

一般的な女性なら悪い方向性を考えないようなことでも、常に不安に思われてしまう傾向があります。なので、セフレにしても「本気で恋愛」をしないことがポイントです。

最近では、ホストがトラブルに巻き込まれるケースがありましたが、まさに依存をされてしまった末路として病院に送られてしまったのかもしれません。

噂話が好き!悪口が好き

とにかく面倒な性格を持っている人はメンヘラの可能性が高いです。その特徴の1つに噂話が好き、人の悪口が好きという特徴があります。

人の悪口を言ったり、秘密をすぐに人に言う人は誰の情報も関係なく人に言いふらします。結果的には周りの人が離れていきますし、人に嫌われるのでメンヘラがどんどん加速していきます。

人に嫌われる

1人になる

精神的に不安定になる

上記のような負の連鎖がどんどん加速していきます。例えば、出会い系から実際に会った時に悪口を言わせようとした時に、どのような反応をするかでメンヘラかどうかを判断することもできます。

逆に、人の悪口を徹底して言わない、愚痴を言わない人は真面目でメンヘラの可能性はかなり低いです。

実際にメンヘラをセフレを作った出会い方

メンヘラのセフレを作った流れ

ここからは私が実際にメンヘラのセフレを作った方法について解説をしていきます。

まずはどのような結果になったのかについてまとめます。

結果発表
  • 看護師のメンヘラ美人セフレ (30歳)
  • 相手の自宅に行くだけ
  • ご飯は全て向こうの奢り
  • ヤル以外の時間は使わない
  • こちらが引くぐらいのど変態
  • かかったコストは合計8,000円ぐらい

メンヘラのセフレを作ることができれば、お金をかけずにヤルことができます。また基本的にLINEがいっぱい来ても基本的に無視でも大丈夫です。

たまに連絡を取るからこそ、相手が常に求めてくれます。具体的にメンヘラを作った手順は下記の通りです。

出会い系でメンヘラを探した

メンヘラと出会うためにはネットしかありません。普通に生活をしているだけで、メンヘラに出会うのは激レアです。でも、ネットなら今日からすぐに探すことができます。

具体的に私がよく使っているのは

  • ハッピーメール
  • Jミントメール
  • ペアーズです。

ペアーズは月額課金制なので、料金的には安いです。ただ、ユーザー層が20代多めで、普通の女性が非常に多いです。ガチ恋愛を求めている人が多いので、連絡を取り合って、実際に会ったとしても無駄な時間になることが多いです。

過去にペアーズで5人以上の女性と出会いましたら、1人の女性もセフレにすることができませんでした。出会うのは凄く簡単ですが、そこからの攻略が非常に難しいです。

逆に出会い系なら出会えれば30%以上の確率でセフレにできています。共にメンヘラ女子を探していますが、結果的には出会い系サイトの方がセフレを作りやすいですね。

これはユーザー層が出会い系とマッチングアプリで全然違うからだと思っています。

出会い系は昔からチャラい出会いを求めている女性が多いです。しかもライバルもヤリモク前回の弱い男性なので、少し真面目な感じでまずは会って、距離を埋めていけば簡単にセフレ関係になることができます。

出会い系で女性を探すときは、最初からヤリモク感がない女性を探しましょう。

大抵どんな変態な女性でも、出会い系では変態であることを隠しています。逆に変態感前回のプロフィールに連絡を取ると、無駄な時間になることが多いです。

基本的に出会い系を使っている時点で、セフレにしやすいので、メンヘラを探せれば楽勝です。

デートに使ったお金は3,000円だけ

メンヘラのセフレをコスパ良く作っていくなら、予算をあらかじめ設定しておきましょう。私のセフレを作るための予算はこれぐらいです。

2,000円程度で1人の女性と会う、

30%の確率でセフレにできるので、セフレと出会う予算は6,000円程度。

ご飯代は割り勘なので3,000円×3人で9,000円です。つまり、1人のセフレを作るのにかかる予算は15,000円程度です。

一度関係性を持ってしまえば、こちらがお金を払うことはありません。

5回もやれば一回のお金は3,000円程度です。つまり、風俗などに比べると非常にコスパよくセックスをすることができます。

これからセフレを作りたいと思っている方は、これぐらいの予算を目指して行動をしてみてください。

出会いの為には必ずお金が必要ということも覚えておくべきです。無料の掲示板、無料の出会い系サイトで一度も出会えたことがありません。

運営体制がしっかりしていないですし、女性が1人もいないのが現実です。

女性はどのサイトを使っても無料なので、必然的に良い男性が集まる場所に集まります。

結果的には大手の出会い系サイトか、有名なマッチングアプリにしかいないのです。

時間というコスパも考えれば、有料の出会い系サイトを使う方がかなり効率的です。

メンヘラ女をセフレにするコツ

実際に上手くいったケースのほとんどが、最初はヤリモク感を出していないケースです。

出会い系でヤリモクをすると下記のようなデメリットがあります。

  • 他のヤリモク男と一緒にされる
  • 最初の時点で避けられてしまう
  • 変態な女性を逃してしまう

女性は男性と違い、出会うまでのストーリー、セックスまでのストーリーを大切にします。明らかなヤリモク男は変態な女性からも好かれません。

最初は下ネタトークなどをしないで、相手の魅力をどんどん引き出すことに集中をしましょう。

ネットの出会いは他の男性がやらないようなやり時に力を入れるようにしましょう。

最初は連絡を取る為に安全性、清潔感のある男性がモテますし、出会い系からすぐにLINEの連絡先を聞く必要があります。

この際も最低でも5通程度は出会い系サイトで連絡をするようにしましょう。また、LINEを聞くときは気に入らなかったらブロックをしても良いですよ^^みたいな形で、逃げ道を作ってあげましょう。

出会ってフィーリングが合えば即日セックスをすることも可能です。

メンヘラかどうかはプロフィール写真やプロフィールの文章を見ればわかるようになってくるので、30%の確率でセフレにできるようになります。

少女漫画の恋愛のようにすれば攻略できる

メンヘラ女子を攻略するのは簡単です。特別感を常に出してあげる必要があります。メンヘラ女子をコントロールするには下記の方法がおすすめです。

  • 日頃から連絡を密に取り合わない
  • たまに連絡を入れて、安心させる
  • プレゼントや特別なシチュエーションを作る
  • 相手にとって魅力的な男性になる

依存度が高い女性の相手を全てしていると、こちらが潰れてしまいます。鬼電が来ていたとしても無視できるぐらいのマインドが大切です。

その分、相手が喜ぶことをたまにしてあげましょう。この「たまにしかしない」というのがポイントです。

相手の感情の起伏が大きければ大きいほど、恋愛をコントロールすることができます。

いつも優しい男性よりも、たまに優しい男性の方が、相手から好かれやすいということです。人間はすぐに慣れる生き物なので安心感があれば相手に対して飽きが生まれます。

密度濃くLINEの返信をするときもあれば、スルーをして相手にソワソワさせることでコントロールをすることができます。

メンヘラは別れるときに注意が必要

メンヘラのセフレはこの記事を見れば作れるようになりますが、特に注意すべきは別れ際です。昨年はホストが刺された!という事件がありましたが、男女関係は最悪の場合があります。

  • ストーカーで精神を追い込まれる
  • リストカットをすると脅される
  • 家を空けたらいつもいる
  • LINEや電話が鳴り止まない

などなど。挙げればキリがないほど、メンヘラの危険度は高いです。別れ際に失敗する人の多くは「向き合わない」からです。

逃げてしまうと追われてしまいます。別れ際には2つの事がおすすめです。

  1. 相手に嫌われるように仕向ける
  2. 相手に別れる理由を納得させる

一番簡単な方法は相手に嫌われる方法です。例えばいつも相手の嫌がるような事をする、相手が嫌いな男性像を演じれば冷めてきます。冷めてもらえれば愛情が憎しみに変わる心配はありません。

もう1つの方法は別れる理由をきちんと伝える事です。

  • 転勤で会うことができない
  • うつ病になってしまい疲れてしまった
  • 恋愛をする気分ではない

など。ポイントは相手を傷つけないで、自分のせいにすることです。

メンヘラをセフレにする手順

ネットで連絡先を交換してからセフレになるための流れ、方法について解説をしていきます。

結論から言うと、最初から体目当てアピールをしてしまうと終了をしてしまいます。女性は変態だとしても、最初から下ネタアピールするような男性を引く人が多いです。

焦らないで、ゆっくり関係性を構築する

セフレになれば、いつでもセックスできる関係性になります。つまり、最初は焦る必要性が全くありません。まずは相手との心の距離を埋めることが重要です。

趣味を話したり、相手の興味があることについて詳しく掘り下げていきましょう。そして、否定をするのではなく、肯定することが非常に重要です。

出会い系で最初からやる目的でも、それを出さずに、相手に興味を持つことが重要です。自然と仲良くなれば、電話をするような関係になり、自然と会うような流れになります。

ネットの出会いだからと言って焦ってしまうとすぐに終わってしまいます。他の男性とも連絡を取っている人が多いので、その中で一番信頼できる人だと思ってもらう意識を持ちましょう。

相手を認める、否定をしない

メンヘラの女性は特に自分に対して自信がありません。最初から相手を肯定してあげることが大切です。承認欲求が高い女性が多いので、自分を認めてくれる男性に惹かれる傾向があります。

逆に相手を否定したり、正論を言う男は嫌われてしまいます。メンヘラの女性には自分なりの正解を持っているので、相手を認めてあげることが大切です。

承認欲求を満たしてあげる存在になることが重要です。

LINEから電話に切り替える

LINEで連絡を取り合っているだけだと、距離を埋めることに限界があります。電話の方が10倍以上仲良くなれるスピード感があります。できるだけ早くお互いに電話できる関係になるようになりましょう。

ここで大切なことは、焦らないことです。下ネタに走ったり、すぐに会おうとしてはいけません。

相手に対して信頼度、安心感がなければセフレになることはできません。

電話の頻度が多くなればなるほど、信頼度が高まっていきます。出会ってからラブホテルにいける確率も上昇します。

相手の会話や流れに合わせる

相手が求める理想像を早く知り、できるだけ理想に近づくことが大切です。相手が絵文字を沢山使うなら、絵文字を沢山使うなど。細かいことですが、相手の雰囲気に合わせるようにしましょう。

相手が素っ気ない態度なのに、こちらが明らかに対応を優しくするのもおかしいですよね。相手が連絡をしてくる頻度に合わせたり、会話のペースを合わせたり、相手にとって居心地の良い男性になるようにしましょう。

以下のことをするような人は嫌われます。

  • 相手を否定する
  • 自分の話ばっかり
  • 自慢話をしてしまう

自慢話を好きな女性はいないので、基本的には相手の話を聞いてあげるスタンスでいましょう。

正直、メンヘラを攻略するのは我慢との戦いです。他の男性なら面倒だと思うことができれば、メンヘラからモテることができます。

上級者向けのメンヘラの出会い方

ここからはネット・出会い系以外で出会いたい方向けの方法です。

ネットなら出会い系に多く集まりますが、リアルの空間では、下記のスポットに多く集まると言えるでしょう。

歌舞伎町・宗右衛門町の深夜一人の女性はメンヘラ

東京、大阪、福岡、京都、名古屋などの都心部ではメンヘラを相手に商売をする業界があります。それがホストクラブです。ホストにハマってしまう女性の多くがメンヘラです。

依存をするつもりがなかったのに、気がつけばホストにハマってしまい風俗嬢として貢いでいる。

典型的なメンヘラのケースですが、歌舞伎町、宗右衛門町を深夜歩いている女性はホストに通っている女性の確率が高いです。

特にホストクラブの営業終了後から、帰宅している女性はワンナイトラブできる確率が高いです。ホストに通う女性の特徴が同じだからです。

  • 男性に依存をしてしまう。
  • 寂しくて構ってちゃんの性格。
  • 虚言癖がある。
  • 好奇心旺盛で付いてくる。
  • 性欲が強い。

上記に当てはまる人は都会の深夜に出歩いていることがあります。

深夜の漫画喫茶に一人で来ている女性はメンヘラ

深夜の漫画喫茶にもメンヘラと出会えるチャンスが沢山あります。特に都会では終電を無くした女性が時々漫画喫茶で時間を過ごしています。

  • 漫画喫茶に入ろうとしている女性
  • 漫画喫茶から一人で出てくる女性

上記の女性を狙うとナンパの成功確率も上がりますよ。普通なら深夜の漫画喫茶に一人で泊まることなどありません。何かしらの闇、理由を抱えている女性が多いので、その話を聞いてあげることで距離感を一気に近づけることができます。

地下ロックバンドの追っかけに一人で来ている女性はメンヘラ

地下ロックバンドの追っかけをしている女性はM気質、メンヘラの可能性が意外と高いです。

何かに依存をする対象が「ロックバンド」であり、ライブ終わりに誘ってみるとワンナイトラブに成功することもあります。

どMなメンヘラを探したい方には地下ロックバンドの追っかけなどもおすすめです。特にV系をガンガン追っかけしている女性はメンヘラ度が高いです。

依存度が強い女性と付き合うメリット

依存度が高い女性と付き合うメリットについて解説をしていきます。なぜメンヘラをセフレにすることに利点があるのかは、以下の通りです。

メンヘラは変態なセックスができる

お互いに割り切った関係同士であれば、変態プレイを楽しむことができるメリットがあります。相手もあなたのことを彼氏と見ていなくて、セフレと思っている場合に限りますが、変態なプレイを楽しむことができます。

具体的には下記のようなプレイも可能です。

  • 玄関で出会った瞬間に始める
  • お互いの性癖を満たせる関係性

真面目に付き合う設定で、メンヘラと関係を持つことは避けましょう。他の男性がいる中で、あなたとも遊ぶような関係性が一番です。

自分だけに依存をしてくるような女性は、自分の精神も持たなくなることが多いです。

依存度が強い女性と付き合うデメリット

依存度が高い女性はセフレにしやすい分、必ずデメリットがあります。最悪の場合は自分の人生を崩壊させられる危険があるので、注意が必要です。

最近では、歌舞伎町のホストがトラブルに巻き込まれる事件がありました。このように、愛情は憎しみに変わりやすいのでデメリットを最初に理解しておく必要があります。

自分まで精神的に疲れる

メンヘラと相性の良い男性は恐らくいないでしょう。残念ながら、精神的に落ち込んでいる人と一緒にいると、間違いなくこちらまで疲れます。

例えば、遊びに行っても「どこに行っているの?」「寂しい」などと連絡が届きます。また電話をしない日があるだけで「好きな人できた?」というようなありもしない妄想を繰り返します。

全てに対応をしていると、本当に疲れるので、ある程度ドライの心を持っていないと厳しいでしょう。

また、別れる際はかなり面倒になることが多いです。男女の恋愛、関係性は愛情が憎しみに変わることが多いですが、特にメンヘラと関係を持った場合は、「別れ方」が非常に重要です。

メンヘラをセフレにする注意点

メンヘラをセフレ にするなら守るべきルールがあります。これを徹底的に守ることで自分の身を守ることができます。依存され続けた結末はとんでもないことが起こるので、注意が必要です。

相手の心に寄り添ってあげる

一番の理想は出会う前までにマイナス思考だったとしても、自分と出会うことで精神が回復していくことです。ただのセフレだけの関係に終わるのではなく、相手の精神状態を改善できるようにサポートをすることも良いかもしれません。

相手を傷つけるような発言、デリカシーのない発言は一般の人以上に傷つきやすいので、気をつけるようにしましょう。最悪の場合はあなたへの怒りに変わりますし、自分を傷つけるきっかけになることもあります。

相手に寄り添うことがおすすめです。

個人情報は伝えないこと

これは不倫、浮気、セフレを作るときも同様ですが、自分の個人情報を教えてはいけません。自宅、職場などは特に注意が必要です。毎年のようにホストが女性から何かをされるトラブルがありますが、あれも愛情が憎しみに変わったパターンです。

別れてもストーカーのように自宅周りにいることがありますし、職場まで迷惑電話をかけてくることもあります。

個人情報は出来るだけ伝えずに相手を関係を持つようにしましょう。私の知り合いで職場を伝えたら、会社に乗り込んできた、という事例もあります。

セフレを作るときに、自分の個人情報を教えないように注意しましょう。

メンヘラセフレは3ヶ月以内に別れる

メンヘラセフレとは長くても3ヶ月以内に別れるように徹底しましょう。理由は簡単で、危険度が高いからです。メンヘラを相手にすることはハイリスクハイリターンです。

セフレにしやすいメリットはありますが、早めに別れないと相手に完全依存をされてしまいます。完全依存をされてから別れるとストーカーになったり、最悪の場合は刺された経験がある人もいます。

3ヶ月以内に別れられれば比較的リスクを抑えることができます。ズルズルと付き合う人は、後で後悔する人がいます。別れを告げる時は勇気がいりますし、中々別れてくれませんが、一度別れを告げた後は何があっても会ってはいけません。

優しい人ほど、相手に罪悪感を覚えてもう一度付き合ってしまうことがあります。長引けば長引くほど、相手があなたに求める期待値が高くなってしまいます。

セフレになる前からある程度の期間を決めて、セックスフレンドになるようにしましょう。

まとめ

ここまで、メンヘラの出会い方、攻略方法について解説をしてきましたがいかがでしたでしょうか?

特徴、探し方を知ることができれば後は実践するだけです。ネットで出会いを求めている女性は数多くいるので、メンヘラを狙いながら、美女や変態を探すことも一つの方法です。

出会い系、マッチングアプリを探せばいくらでも出会いを見つけることができますし、攻略次第でいくらでもチャンスがあります。

まずは一歩目として連絡を取る女性の数を増やすことがおすすめです。連絡を取る人の数が増えれば、成功確率も必然的に高まっていきます。

最初から1人だけに絞って行動をしていると、失敗をした時のリカバリーができません。

複数人と連絡を取ることで、バランスよく返信もできますし、こちらが相手に依存をする心配もなくなってしまいます。

女性は自分に興味ありありの男性よりも、謎ぐらいの方が好奇心を掻き立てられます。

メンヘラの取り扱い方法は非常に難しく、長くても3ヶ月程度の関係性に留めておくと良いでしょう。

また、避妊は必ず行い、双方にとってトラブルが発生しないようにすることが鉄則です。