メンヘラは依存しやすいと言われているので、そんな女性とセックスしたらどんなプレイになるのか気になりませんか?

結論から言って、セックスの時のメンヘラ女子は変態ですごいの一言。なぜなら、男性にどっぷりハマっていることで尽くしたい気持ちが強く、男性の好きにされることに喜びを感じるからです。

そこで、ここではメンヘラ変態女子が喜びを感じるセックスについて解説します。また、そんなセックスが好きな理由にも触れていくので、メンヘラ女子とのセックス内容に興味がある男性は、ぜひ読んでみてください。

性欲が強いメンヘラ女子が喜ぶセックス

性欲が強いメンヘラ女子は、セックスにおいて変態的なプレイを好みます。通常ではやらないようなアブノーマルなプレイに喜び、優しいだけでなく、時には冷たくされることも好みます。

このような一面があるのは、好奇心や性癖によるものではなく、愛情を実感できるのが理由です。もっとも、このようなセックスで愛情を感じられることに半信半疑な男性も多いでしょうが、それこそがメンヘラ女子の特徴。

メンヘラ女子は「私だけ」という特別感によって愛情を実感する傾向があり、そんな特別感を得られるのが変態的なセックスというわけです。では、性欲が強いメンヘラ女子が喜ぶセックスの内容を、詳しく見ていきましょう。

首絞めや口塞ぎなどドMが嬉しいセックス好きが多い

性欲が強いメンヘラ女子は、首絞めや口塞ぎなど、一般的にドMが好みそうなセックスが好きな傾向があります。これには、支配されたい心理が関係しています。

好きな男性がいるメンヘラ女子は、自分自身に対して「私はあの人のもの」と思っており、その男性に支配されることを望みます。そのため、首絞めや口塞ぎなど、男性が女性を支配している感満載のプレイを好むのです。

さらに、プレイはセックスの中でも特別ですから、セックスに対して特別感を抱きます。「こんなセックスができるのは私とあの人だけ」……そんな特別感によって、男性と深い関係にあることを実感でき、それが愛されている
実感につながるのです。

キスの量が多く、愛されていることを実感したい

メンヘラ女子はセックスの中でたくさんキスをしたいと思っており、それは愛されていることを実感したいのが理由です。もっとも、セックスにおいて愛されていることを実感したいのは、メンヘラ女子に限ったことではありません。

ただ、メンヘラ女子が他の女性と違うのは、常に不安な気持ちを持っているということ。「メンヘラ女子=ネガティブ」のイメージがあるように、メンヘラ女子は自分に自信がなく、不安になりやすい性格をしています。

●男性が電話に出ないのは、他の女性と一緒にいるからかもしれない
●男性が不機嫌なのは、多分私に魅力が足りないからだ
●男性の口数が少ないのは、私と一緒にいてもつまらないからだ

このように、ささいなことで絶望的な気持ちになってしまうのが特徴。だからこそ、セックスの時に不安を解消するために愛されていることを実感したがり、愛情行為の象徴であるキスを何度も求めます。

言葉責めで喜び、飴と鞭を利用したセックスに喜ぶ

性欲が強いメンヘラ女子は言葉責めで喜び、飴と鞭を利用したセックスに喜びます。まず言葉責めについてですが、これは愛する男性にどんなことをされているのかを、より実感できるのが理由。

「アソコを触られているよ」と言葉責めされれば、ただアソコを触られるよりも、触られている気分になります。好きな男性に責められたい気持ちが強いからこそ、責められている実感が増す言葉責めを好みます。

次に飴と鞭の利用ですが、これは心理的な効果によるものです。常に甘くされる一方だと、それが当然に思えてしまうため、喜びが半減します。一方で冷たくされることもあるセックスなら、甘くされることの価値が高まり、いざ甘くされた時に喜びを感じます。

こうした理由・心理から、言葉責めで喜び、飴と鞭を利用したセックスに喜ぶのです。

メンヘラ女子がセックス好きな理由は愛されている実感を感じたいから

メンヘラ女子がセックスを好きなのは、エロいからではなく愛されている実感を得たいのが理由です。男性からの愛情というのは、日常生活のささいな言動からでも実感できますが、メンヘラ女子の場合それは不可能。なぜなら、自分に自信がないからです。

例えば、優しい言葉をかけられたとしても「私がダメだから同情している」など、マイナスの解釈をしてしまいがち。そんなメンヘラ女子が、唯一愛されいる実感を得られるのがセックスです。そのため、メンヘラ女子はセックスが好きなのです。

このようなメンヘラ女子の特徴を知ることで、男性はより満足するセックスを実現できるようになります。

エッチをするまでに安心感を与えると快感のセックスはできない

セックスするまでに安心感を与えてしまうと、快感のセックスはできなくなります。なぜなら、メンヘラ女子は不安の解消と愛情の実感を求めることによって、セックスの時に淫らな女に変身するからです。

●男性に愛されるため、男性が望むことをやってあげたい
●他の女性とはできないセックスをして、自分が特別な存在になりたい

これらの例から分かるとおり、男性が望むことや特別なセックスをするのは、いずれも不安の解消や愛されたい気持ちが原動力。

逆に言えば、安心した心理状態では原動力となる気持ちが作動せず、快感のセックスができないということです。そのため、メンヘラ女子に対しては、セックスするまでに安心感を与えないようにしましょう。

喧嘩終わりのメンヘラ女子とのセックスは燃える

喧嘩終わりのタイミングでメンヘラ女子とセックスできれば、そのセックスは燃える内容になります。これは、メンヘラ女子の中で、男性との関係が復活したことによる喜びが理由です。

ネガティブ思考のメンヘラ女子が好きな男性と喧嘩すると、仲直りする発想を持てず、二人の関係を終わりを予感します。奉仕するほど男性のことが好きなのですから、男性を失うのは世界の終わりに等しい感覚。

そんな状況で仲直りのセックスができれば、男性との関係の思わぬ復活によって、燃え上がるのは当然です。失ったと思った存在が戻ってきたのですから、セックスでは普段以上に尽くしてくれるでしょう。

メンヘラ女子とのセックスは男性も性欲がないときつい

メンヘラ女子とのセックスは、男性も性欲がないときついでしょう。なぜなら、ここまでの解説から分かるとおり、一般の恋人同士のようなノーマルなセックスでは満足しないからです。

セックスで愛情を実感したいメンヘラ女子は、他の人とは決してできない内容のセックスを望みます。さらに、セックスの時しか愛情を実感できない以上、求める頻度は高くなるでしょう。

つまり、メンヘラ女子は過激かつ頻度の高いセックスを望むということ。それは性欲のない男性にとって、苦痛以外の何ものでもありません。

そのため、このきつさに耐え切れず、別れを望むようになる男性が多いのも事実。ただし、メンヘラ女子と別れる時には、別れ方に注意する必要があります。

別れ際に注意!飛ぶのではなく話し合って別れよう

メンヘラ女子は依存するほど男性を好きになるので、そんな女性に別れを告げるのは荷が重く感じます。しかし、だからと言って飛んで音信不通になるのではなく、きちんと話し合って別れるようにしましょう。

そうしなければならないのは、別れに対してメンヘラ女子を納得させる必要があるからです。仮に納得させずに別れたら、メンヘラ女子はどんな行動に出るか分かりません。

メンヘラ女子にとって、愛する男性は自分の生きる意味そのものですから、それを失うことで壊れてしまいます。そうなると、「生きていても仕方ない」など、物騒な心境になる可能性もあります。

そのため、別れる時には必ず話し合い、メンヘラ女子に納得してもらった上で別れてください。

まとめ

メンヘラ女子とのセックスに惹かれるかどうかは、男性の性欲次第です。過激なセックスができる点で、大人しく淡泊なセックスを嫌う男性なら、確実に満足できるでしょう。

しかし、一方でそこまでの性欲に自信のない男性なら、セックスしていて疲れます。そう考えると、「ちょっと興味ある」程度の気持ちでメンヘラ女子に手を出すのは禁物。

ちなみに、メンヘラ女子はタイプ的にセフレ向き。不安定かつネガティブな性格を利用すれば、男性の行動次第で依存させることも可能。そうすれば、自分が望むとおりのセックスができます。

つまり男性の性欲次第で、メンヘラ女子とのセックスは、プラスにもマイナスにもなるということです。