最高のセフレになる可能性を秘めているのは、メンヘラ女性です。ほとんどの男性は「エロい女性」と答えると思います。

それはセフレはセックスを楽しむ関係であり、セックスの満足度につながるのはエロさだからです。

愛情を必要としたセックスならともかく、楽しむための遊びのセックスなら、エロさだけを求めたいのは当然。そして、エロい女性になる可能性を秘めているのが、メンヘラ女性というわけです。

そこで、ここではメンヘラ女性をセフレにする方法について解説します。

メンヘラはどうして最高のセフレになるの?

メンヘラ女性が最高のセフレになるのは、過激なプレイができることと、セフレとしての関係が長続きしやすいことが理由です。

セフレはセックスするだけの関係ですが、多くの女性はセックスの内容まではこだわりません。

こだわるとしても、「寂しい」「癒されたい」などの気持ちから、恋人同士のようなセックスを求めるパターンが多いでしょう。

その点、メンヘラ女性の場合は、過激なプレイにも応じやすい特徴があります。

また、セフレ関係は一時的なものであり、一方に恋人ができれば関係は解消されます。しかし、メンヘラ女性をセフレにすると長続きしやすくなります。

では、なぜメンヘラ女性をセフレにすると過激なセックスができて、長続きしやすいのでしょうか。それは、メンヘラであることが深く関わっています。

依存させることで過激なプレイができる

女性をセフレにする時の方法はさまざまですが、メンヘラ女性に対しては依存を狙います。

性格上、メンヘラ女性は遊び感覚でセックスをしようと考えません。セックスする相手は、「自分にとってなくてはならない相手だけ」と考えており、奉仕する気持ちでセックスする特徴があります。

つまり、依存させるほど自分の存在感を高めれば、メンヘラ女性は奉仕という形でどんな過激なプレイにも応じてくれるということ。また、相手に嫌われたくない気持ちも強いので、相手の望むプレイならどんなことでもしてあげたいと思うのです。

もっとも、メンヘラにかかわらず、依存した女性なら誰でも同様の行動を見せるでしょう。しかし、メンヘラ女性はとくに依存しやすい傾向があるため、他の女性に比べてこのような状況を作りやすいのです。

セフレ関係が長続きしやすい

メンヘラ女性は、セフレの男性に対して割り切りの感覚を持っておらず、愛情を抱きます。

というより、愛情を抱くからこそ、セフレ関係になることを受け入れます。「セックスで男性を満足させれば、いつか付き合えるかもしれない」と思っているのです。

しかも、その気持ちは依存するほど大きく、男性から離れられなくなるほどのもの。そのため、関係を解消させることなど頭になく、男性がセフレ関係を望む限りずっと男性についてくるのです。

男性なら、美人の女性とセフレになりたいと思うでしょうが、美人の女性はすぐに彼氏ができます。

そのため、魅力的なセフレほど関係解消も早くなってしまうのですが、メンヘラ女性をセフレにすればそんな心配もなくなります。

メンヘラセフレを作る手順を解説

ここでは、メンヘラセフレを作るための手順を解説します。セフレを作るためには出会い系サイトを利用するのが効果的ですが、その点はメンヘラ女性の場合も同じです。

ただ、出会ってからが全く違います。

というのも、割り切りや遊びの提案では、メンヘラ女性は応じないからです。メンヘラ女性をセフレにするには、心を掴む必要があり、本気の恋愛に近い感覚を与えなければなりません。

その上で依存させ、セックスできる関係性を認めさせるのが大まかな流れです。どうやって心を掴み、どうやって依存させるのか?そして、そもそもどうやって出会うのかがポイントになります。

難しく思うかもしれませんが、メンヘラ女性の性格や心理を利用すれば、メンヘラセフレの実現は難しくありません。

出会い系サイトでメンヘラの募集・プロフィールを探す

まず、出会い系を使ってメンヘラ女性を探します。そのための方法は2つで、1つ目は自分のプロフィールに「メンヘラが好きです」といった、メンヘラ募集の記載をしておくことです。

メンヘラというワードは悪口として使われることがありますが、メンヘラを自覚する女性は、意外と気にしません。そのため、堂々とメンヘラを公言する女性も少なくなく、募集することで食いついてくれる可能性があります。

2つ目の方法は、女性のプロフィールから探し出すことです。注目すべきポイントは、「寂しがり屋」「構ってほしい」などのワードです。いずれも、メンヘラ女性が使うことの多いワードですから、これらのワードを使っている女性はメンヘラと判断できます。

出会ってから相手のメンヘラを許容・受け止める

無事メンヘラ女性と出会えたとして、ここからが結構大変。なぜなら、相手のメンヘラを許容して、受け止めてあげなければならないからです。

  • 寂しくなって夜中にLINEしてきた時に返信してあげる
  • ネガティブ発言を連発している時に励ましてあげる
  • 自己嫌悪に陥っている時に褒めてあげる

正直、面倒なことばかりです。そのため、多くの男性はこの過程で脱落していき、だからこそ受け止めてあげた時にメンヘラ女性の心が動きます。

こうなったら、メンヘラ女性はこちらに対して好意を持つので、セックスできることは確定。ちなみに、短所を褒めてあげるとなお効果的。メンヘラ女性は自己肯定感が低いので、褒めて自信をつけさせてあげることで、より好意を抱かせやすくなります。

メンヘラが喜ぶセックスをして依存させる

メンヘラ女性とセックスできるようになったら、今度は依存を狙います。コツは、「こんな気持ちいいセックスは初めて」など、特別感のある褒め方をすることです。ストレートにいえば、「おまえとのセックスは特別で最高」的な褒め言葉です。

そうすることでメンヘラ女性は喜び、もっと応えたい気持ちになります。特別な褒め方をされたい気持ちの一心で、こちらとのセックスを望むようになり、常に会いたい気持ちになるのです。

ここまでの心理状態になるのは、こちらの前でしか自信を持てないのが理由。「あの人がいないと私はダメ」と思うことで、依存状態になります。

このようなセックスを繰り返すことで、メンヘラ女性はこちらから離れられなくなります。

依存させる為に相手に自分の時間やお金を使ってもらう

セックスによってほぼ依存は完成していますが、仕上げとしてこちらのために時間やお金を使ってもらいます。これは、対価の支払いと見返りをイメージしてください。

基本、優しさは見せないようにして、時間やお金を使ってくれた時だけ優しく接します。これを繰り返すことで、メンヘラ女性は尽くすという対価を支払えば、優しくしてもらえるという見返りを得られることを学習。

既にこちらの虜になっているため、優しくしてもらおうと、必死になって自分の時間やお金を費やします。そうすると、メンヘラ女性の日常生活はこちらのために生きているような感覚になり、こうして依存が完成するのです。

依存が完成すれば、メンヘラ女性はこちらを喜ばせて、自分を褒めてもらおうとしますから、セックスし放題になります。

メンヘラセフレを作る際は別れ際に注意しよう

セフレの関係性は永遠ではなく、いつかは関係を解消して別れる時が来るでしょう。もっとも、この場合の別れは彼氏彼女の別れとは全く違い、もっと軽いものになります。例えば、ある日突然の音信不通で終わるケースだって珍しくありません。

しかし、メンヘラ女性とはそう簡単に別れることはできず、こちらに依存しているため別れを受け入れてくれません。

その意味では、メンヘラセフレを作る際には、別れ際に注意する必要があります。セフレとして付き合っている時でも、いつか終わることを考えておき、その時になって苦労しないようにしておきましょう。

そうしないと、いざ別れる時に思わぬ事態が起こってしまう危険性があります。これが、メンヘラセフレの危険なところです。

メンヘラセフレは中出しを求められるので注意

メンヘラセフレは、中出しを求めてくるので注意しましょう。これは、妊娠しないから大丈夫という意味ではなく、妊娠しても構わないという意味での中出しの要求です。当然ですが、これには絶対に応じてはいけません。

問題は実際に中出しを求めてきた場合ですが、次の方法で対処するのがおすすめです。

  • 「顔射したい」など、他の場所への射精を希望する
  • 「そういう子は好きじゃない」など、中出しを求める女性を批判する

依存しているメンヘラ女性にとって、セックスは男性を満足させるためのものです。そのため、男性が中出し以外のことをを要望すれば、素直にそれを受け入れます。

また、嫌われたくない気持ちを利用して、中出しを求める女性をズバッと批判するのも効果的。これ以上求めると嫌われてしまうと怖れることで、もう中出しを求めなくなります。

メンヘラとの距離感に注意!完全に依存させない

メンヘラセフレとの付き合いでは、完全に依存させないよう距離感に注意してください。メンヘラ女性を依存させるのは、こちらの思い通りに動かす点で魅力ですが、度を越えると危険な存在になります。

例えば、別れを告げた時には「別れるくらいなら死んだ方がマシ」と考えるかもしれません。そうなると、思わぬ行動を起こす可能性もゼロではありません。

そもそも、完全に依存させてしまうと、セフレとして付き合うこと自体うっとおしくなります。こちらが電話に出ないたびに他の女性の存在を疑うなど、せっかくのセフレ関係も、ウンザリだらけになってしまいます。

そうならないためには、ある程度の距離感を保つこと。既にセックスできる関係性を築いているなら、時には冷たく突き放す態度も必要です。

メンヘラ過ぎる女性には自宅を教えない

あまりにメンヘラ過ぎる女性には、絶対に自宅を教えてはいけません。そうしないと、別れを受け入れられずに自宅に乗り込んでくる可能性があります。その意味では、会うのは毎回ホテルにした方がいいでしょう。

この対策として有効なのが、ウソだとしても愛情を言葉で伝えないことです。例えば、セックス中にメンヘラ女性が「私のこと好き?」と言ってきたとして、ここでYESの返事をするとその時点で恋人関係が成立します。

そうなると、メンヘラ女性にとってこちらが彼氏の立場になるため、女性に自宅に来る資格ができてしまいます。一方、愛情を伝えなければ依然として主導権を握り続けることができるため、都合の悪い話は全て拒否すればいいのです。