最近流行りの「メンズエステ」には、可愛く綺麗な美女が集まっています。

マッサージを受けに行ったのに、気付けばセラピストに惚れていたという男性も多くいるようです。

「この子を彼女にしたい」「この子と付き合いたい」と思ってどうやって口説き落とせば良いか分からないという人も多いですよね。

そこで今回は、メンズエステのセラピストに惚れた時の口説き方をレクチャーしていきます。

実はメンズエステのセラピストを口説き落とした男性は多くいる

メンズエステで働く女性のほとんどは「美女」です。

さらに、お店がお客さんと直接連絡を取る事を禁止しているといった噂も流れている事から、

「メンズエステのセラピストとは付き合う事が出来ない」

と勘違いしている人も多くいます。

しかし、実態を調べてみると出会いは「お客さんとセラピスト」だったのに、カップルになっている人も意外と多くいました。

アタックしても100%フラれるだけだと思っていたメンズエステのセラピストですが、実は口説き落とせる可能性はゼロではないんですよ。

メンズエステ嬢を落とした男性には共通点がある

メンズエステ嬢を口説き落とした男性には、いくつかの「共通点」がありました。

「どうせイケメンや高収入でしょ?」と不貞腐れていませんか?

別に、イケメンやお金持ちの男性だけがメンズエステのセラピストを口説き落としているわけではありません。

寧ろ、ごくごく普通の見た目で一般的な年収の男性の方がセラピストをゲットしやすいとも言われています。

惚れたセラピストを落とした男性に共通していたポイントを意識して、セラピストの好感度をグンと上げてしまいましょう。

とにかく清潔感を大切にする

メンズエステのセラピストだけではなく、全ての女性の好感度を得る時に当てはまる事ですが「清潔感」はかなり好感度に影響を与えます。

どれだけイケメン・お金持ちでも清潔感がないと、全くモテなくなるのは、もはや常識になりつつあります。

ここで言う清潔感とは「身だしなみ」と「行動」の両方を指します。

寝癖がなく自然にセットされた髪、ヒゲ等のムダ毛のお手入れ、体臭・口臭ケアが身だしなみに含まれます。

上記の身だしなみにさえ気を付けていれば最低のラインの清潔感は保てるはずです。

一方、「お店に入ってからの行動」も清潔感に直結します。

メンズエステでは、施術の前後で着替えます。

その際に、脱いだ服をしっかりと畳みましょう。

見落としがちとなるのが「施術の際に着用した服から私服に着替える時」です。

使い捨てだからといって、適当な場所に放置してしまうとセラピストに「だらしない印象」を与えてしまいます。

また、アメニティグッズのゴミも同様です。

私服・私物だけではなく、貸し出している物も全て丁寧に扱うようにしましょう。

紳士的な対応を心がける

お客さんだからといって無理なお願いや横柄な態度を取るのは絶対にNGです。

逆の立場になった時に、そのようなお客さんに好意を抱きますか?答えはNOですよね。

どれだけ「紳士的に対応出来るか」でセラピストの好感度は大きく変わってきます。

絶対に意識したいのが下記となります。

「お店のルール」を守る
お客さんだとしても「セラピストにこまめな気遣いを忘れない」
自分勝手な差し入れはしない

基本的には上記のみでOKです。

お店のルールを無視するという事は、セラピストに迷惑をかけるという事です。

マッサージを受ける時は「受け身」となり、サービスにない要求はしないようにしましょう。

また、お客さんだから「気遣われて当たり前」という考えも捨ててください。

どんな女の子でも、やっぱり気を遣われると嬉しいものです。

セラピストが仕事がしやすいように気遣いをしてあげてください。

最後の「差し入れ」ですが、良かれと思ってスイーツやドリンクを差し入れする男性も多くいます。

残念ながら、ほとんどの女の子は食べていません。

食べ物はアレルギーがあったり、夏場は傷んだりと意外と迷惑となります。

基本的に差し入れはしない。どうしても差し入れをしたい時は「何がほしい?」とセラピストに直接聞いてください。

その際に「○○食べたくない」と誘導するのは絶対にNGです。

「差し入れしたいんだけど、何か欲しい物はある?」とセラピストに委ねるようにしましょう。

プライベートで遊びに誘う時はさり気なく

紳士的な対応と通ずる部分がありますが、プライベートで遊びに誘う時は「さり気なく誘う」のも大切です。

話が盛り上がっている時に誘う、強要する事なく「セラピストが断れるような誘い方」をするといったのがポイントとなります。

絶対にしつこく誘う、断りにくい雰囲気を出すのは辞めておきましょう。

これで付き合える可能性はアップ!完璧な口説き方

ここからは、いよいよ惚れたセラピストの口説き方をレクチャーしていきます。

ここでレクチャーする口説き方を実践すれば、セラピストの好感度を上げる事が出来るます。

出来るだけ告白の成功率を上げたいという人は、ぜひ試してみてください。

指名して何度か通う

まずは、自分の顔や名前を覚えてもらうために「指名して何度かお店に通ってアピール」をします。

お客さんから恋愛対象に昇格するには、とにかくお店で親密度を上げていくしかありません。

初回から数回以内といった早い段階で連絡先の交換やプライベートで遊びに誘うのもやめておきましょう。

信用されていないお客さんから、プライベートに干渉されると警戒してしまう女の子が多いからです。

メンズエステのセラピストを口説き落とす時は「じっくり焦らず」が基本となります。

指名をして顔や名前を覚えてもらって、ある程度仲良くなってから次のステップに進んでください。

親密度を上げるためにはセラピストの話を聞く

セラピストとの親密度を上げるためには「話を聞いてあげる」のが最も効果的です。

自分の話ばかりする人と一緒にいるのって意外とストレスになりませんか?

それはセラピストも同じです。

セラピストと共通の話題を見つける
自分の話ばかりではなくセラピストにも話を振る
プライベートの話はしつこく聞かない

上記の3つを意識すると良いでしょう。

たまに、仲良くなろうとしてセラピストのプライベートの話をしつこく聞いてしまう残念な男性もいます。

仲良くない人にプライベートな情報を知られるって、男性でも怖くないですか?

なので、基本的には「私は○○ですが、あなたはどうですか?」と、自分のプライベートの情報をベースにした会話が無難となります。

意外と話を聞いてほしい、話好きなセラピストも多いので、会話をきっかけに親密度を上げていきましょう。

セラピストの反応を見て誘う!誘いを断られても紳士的に対応する

しっかりと仲良くなった後は、話が盛り上がった時の「このタイミングなら誘える」と思ったに誘うだけです。

誘い方はストレートでOKですが、「断られた時は紳士的に対応する」事を忘れないようにしましょう。

「いつか行けたらいいな」等、スマートに返すようにしましょう。

「いつか行こうね」や「予定が合えば行こうね」といった「デートをする事が前提の返し」は絶対にNGです。

断られた際に、セラピストが否定的でなければ、次の機会にOKがもらえるかもしれません。

まとめ

「メンズエステのセラピストに惚れたしまったけど、口説き方がわからない。」

今回は、そんな人に向けたメンズエステ嬢の口説き方をレクチャーしました。

すでに彼氏がいたり、そもそも恋愛に興味がないセラピストには効果がないかもしれません。

しかし、それ以外のメンズエステ嬢であれば高感度を上げる事に繋がるので、ぜひ試してみてください。