不倫相手を見つけるには?バレない不倫相手の見つけ方

結婚生活が長くなると妻、旦那に飽きてしまうのは当然の流れと言えるでしょう。一般人、芸能人に関わらず浮気している人の数は計り知れません。不倫の出会いを探す方法を探しているあなたは、「バレずに不倫をしたい」と思っていませんか?

実は、私自身浮気生活が10年以上続いていますが、一度もバレたことがありません。不倫をする時に一番重要なことは「出会い方」です。相手を探す方法に失敗すると、浮気のバレる確率は一気に高まります。

既婚者に浮気がバレてしまえば、離婚、慰謝料請求をされる可能性があるのでリスクを理解した上で相手を探すようにしましょう。

結論から言うと、不倫の出会いをゲットするならお互いに知り合いがいない同士が一番です。この記事では不倫相手を探す方法について解説していきます。

不倫の出会い早見表

不倫の出会い方 出会いの簡易度 危険度
ネットで相手を探す方法 90/100点 20/100点
街コン・合コンで探す 80/100点 30/100点
職場の同僚から探す 70/100点 70/100点
ナンパをする 50/100点 20/100点
元カノ・元彼から探す 20/100点 90/100点

 

バレずに不倫相手を見つける

不倫の出会いは思っている以上に簡単です。何故なら誰もが簡単に出会いを探せる時代だからです。

ネットの発達で、「出会いアプリ」、「マッチングアプリ」の発達が凄く進んでいます。昔なら出会い系=詐欺、危険というイメージも今は変わってきています。

出会いアプリがきっかけで結婚しているカップルも増えているので、スマホで出会うことに対して抵抗を持っている人が減っています。

特に若い世代はネットの出会いに対して寛容で、40代、50代の方がネットの出会いに対して警戒心を持っています。

つまり、若い女性を狙って不倫をするならネットを使わない手はありません。

ネットで相手を探す

不倫の出会いで一番おすすめなのが「ネット」を利用した出会い方です。おすすめポイントは大きく分けて3つあります。

  1. 出会いを簡単に探すことができる
  2. お互いに知人がいないのでバレにくい
  3. 割り切った関係性になりやすい

結論から言うと、浮気をする時に「相手」がいなければ始まりません。しかし、大人になると出会いの数が極端に減ります。また、既婚者ということだけで出会いのチャンスも一気に減ります。

新しい出会いがあったとしても、「既婚者」ということが相手に知られてしまうと、向こうから攻めてきてくれる可能性がなくなるからです。

また、浮気をする時に一番怖いのが「バレるかどうか」ですが、リアルの知人がいる同士だと一気にバレる確率が高くなります。ネットを利用して相手を探せば、こちらの個人情報を伝える必要がないので、バレる可能性は下がります。

不倫にバレてしまう人
会社や自宅を相手に知られて、別れ際に恨みを晴らされてしまう。
周りの人に勘付かれて、妻や旦那に知らされてしまう
バレずに不倫をする人
知人や同僚にも気がつかれないように楽しんでいる
全く共通の知人がいない女性、男性を探している

都合の良い不倫相手が見つかるのがポイント!

スマホなら自分の都合の良い相手を見つけることができます。

  • 平日の夜に会える相手
  • 土日に会える相手
  • 体だけの関係を求める相手
  • 高身長、低身長などの好みで探す

社会人になれば、多くても新規の異性の出会いは月に10人前後です。この中から自分の都合の良い相手を見つけるのは至難の技です。

しかし、ネットなら数万人の中から連絡先を数十人と交換して、実際に会うのは数人程度です。つまり、厳選した相手を数万人の中から探すことができます。

とにかく、お互いに都合の良い相手を見つけることが浮気を成功させるポイントです。

街コン・合コンで探す

アプリの出会いに対して抵抗がある方は「街コン、合コン」がおすすめです。ネットの出会いと同じように「知り合いがいない」同士で不倫をすることができます。

しかし、ゴールは同じでも相手が見つかるまでの効率が大きく異なります。

アプリ 街コン
出会うまでの時間 最短即日 開催日まで待つ
連絡先を交換する数 何人でも可能 数人程度
相手を選べる数 1万人以上の中から選べる 15人程度の中から選ぶ

街コンは真剣な出会いを求めている人が多いので、トラブルになる可能性も秘めています。

  • アプリを使う人の目的=暇つぶし、会えたら良い
  • 街コンを使う人の目的=真剣に彼氏が欲しい、パートナーを見つけたい

実は私も街コンに参加したことがありますが、確実に出会える反面、7,000円払っても誰とも連絡先を交換できない可能性もあります。

私が参加した街コンの流れは下記です。

  • 概要
  • 参加費用:6,500円
  • 女性20人、男性18人
  1. 男性と女性が席に座り1対1で話をする
  2. 3分程度話をすると入れ替わる
  3. 全員と話終わればフリータイム30分
  4. 最後に好きな女性の番号を3人書く
  5. 相手もこちらの番号を書いていれば呼ばれて連絡先交換

つまり、参加したところで相手が自分を選んでくれない限り、連絡先すら交換ができないシステムです。基本的にこのシステムを導入している街コンが多いです。

何故なら運営会社もリピーターを狙っているので、全員が交換すればもうイベントに参加しなくなります。

街コンは出会えますが、連絡先を交換できるかは別問題です。

アプリも誰とでも連絡先を交換できるわけではありませんが、数を打てるので必然的に成功確率が高いです。

不倫の出会いの基本

  • 数を打って連絡先の数を増やす
  • 嫁、旦那にバレないように徹する
  • 相手・こちらを本気に刺せない

職場の同僚から探す

職場の同僚、後輩、先輩を不倫相手にする方法です。既に出会っているので、仲良くなるだけですが、おすすめではありません。職場を恋愛対象にすれば何かを失うことに繋がります。

  • 会社からの信頼度が落ちる
  • 家族に報告をされる
  • 会社の人にバレやすい
  • 誰かに弱みを握られる

職場に出会いがある人も、不倫相手は職場以外で探すようにしましょう。

職場不倫は出会いの中でも、浮気がかなりバレやすいですし、バレた時には仕事、家庭の二つを同時に失う危険性があります。

ナンパをする

その日限りの関係で終わらせるなら、一番手っとり早いのがクラブ、路上、バーなどでナンパをしてお持ち帰りをする方法です。路上からお持ち帰り、クラブからお持ち帰りをしたことがありますが、難易度で言うと「クラブのお持ち帰り」が一番簡単です。

何故なら「やる目的」で遊びに来ている女性、男性が多くいるからです。

都心部の方なら使えるテクニックです。

ナンパでお持ち帰りをする手順

  1. 男女が多く集まるクラブを選ぶ
  2. お酒を奢ることで話をする時間を貰う
  3. 軽いボディータッチで相手の意志を確認
  4. 外に抜けようと伝える
  5. ホテルにin

行なってはいけない禁止事項として、お酒を飲ませて無理やりホテルに連れ込むことです。法律上、もちろんNGの行為なので辞めましょう。

必ず、相手が自分の意志でOKをしている人の前提でお持ち帰りをするようにしましょう。

強引なホテルへの連れ込み、ナンパはダメです。

元カノ・元彼から探す

不倫の出会いで意外と多いのが「元彼」「元カノ」の存在です。性格の相性が悪くても、体の相性だけは良かったという経験はありませんか?お互いに体の相性が良いと思っているので、久しぶりに再開してラブホテルに行く。気がつけばセフレ状態で、不倫をしている男女がいます。

元カノ、元カレと不倫をするときはバレれば「離婚」に発展するケースが非常に多いです。理由は通常のショックに比べると裏切られた感が非常に強いからです。

キャバクラで遊んで体の関係を持つよりも、バレた時のパートナーに与えるショックは強いことを理解しておきましょう。

出来るだけ使いたくない出会いの方法であり、最終手段ぐらいに置いておくのが理想的です。

不倫相手を見つける時の選び方・審査基準

不倫相手を探すときには相手の選び方もかなり重要です。出会いの方法については上記で解説しましたので、出会える場所からどのように女性・男性を探すかについて解説していきます。

この方法を実践しなければ、後で痛い目に合うことが多いです。

真剣な出会いを探していない

不倫をする時の相手の選び方で重要なことは、相手も真剣な出会いを探していないことです。真剣な出会いをしている人に対して、真剣なフリをして付き合うことは簡単ですが、経験上危険です。

相手が真剣な分、万が一既婚者だということがわかれば、裁判にかけられたり、家庭を壊すためのアクションを行ってくることがあります。最初から遊びだとお互い認識していればトラブルを避けることができます。

真剣な出会いを探しているかどうかは、その人との出会い方でわかることができます。

ガチな恋愛を探している人は下記にいます。

  • 婚活パーティー
  • 婚活マッチングサイト
  • 街コン関係の出会い

割と遊びの関係でもOKな人を見つける方法

  • 出会い系サイト
  • 有名なマッチングサイト
  • 合コン・相席屋・JIS・バーなど。

高等テクニックになりますが、真剣な出会いを探している人を狙って不倫をする方法もあります。デメリットとしては最終的にお互いに傷つくことが多いです。人間なので、共有する時間が長ければ相手に対して情も生まれます。

また、相手が本気の分、こちらも本気で向き合う必要があるので、デートの時間や遊ぶ前の連絡にも時間を取られます。

連絡をする頻度によっても、浮気発覚の危険性が

外見だけで探すと時間がかかる

相手を探すときに、外見重視で探しているとどうしても時間がかかります。女性のレベルを下げることで浮気を簡単にできるようになります。

S級ランクの女性を狙うよりも、B級ランク、C級ランクの女性も探すようにしましょう。S級ランクの女性はほっておいても、男性が寄ってくるので出会いに対してガツガツしていません。

逆に、リアルに生活するだけでは出会いがないような女性を探すことで、選択肢が増えます。

また、不倫をする時の楽しみは相手とのベットだと思いますが、ブスな女性ほど性に対して探究心を持っている場合が多いので、色々なプレイを楽しむことができます。

メンヘラはすぐできるが、リスクが高い

セフレを作るときに、メンヘラを探すことは一番効率が良い方法です。落とすことも簡単ですし、一度関係性を構築できれば、依存させることができます。しかし、不倫相手の選定としては、リスクが非常に多いです。

メンヘラを選ぶ時のメリット・デメリットについては下記をご覧ください。

メリット デメリット
  • 付き合うことは非常に簡単
  • セフレにしやすい
  • 常に連絡をしないと精神状態がおかしくなる
  • 遊ぶ頻度・連絡の頻度を求められる
  • 万が一、既婚者だということがバレると面倒

メンヘラは付き合うとすごく大変なので、大前提として、最初からセフレがおすすめです。セフレ募集掲示板、出会い掲示板で明らかにおかしな発言をしている人はメンヘラの場合が多いです。

30代を超えている女性は性欲が強い

不倫相手を探す時の一つの指標が、年齢を基準に相手を探すことです。20代の女性は性欲というよりも、真剣な出会いを求めている人が多いです。30代の女性は結婚に遅れている女性か、そもそも結婚願望がない女性もいます。

選ぶべきは結婚願望がなく、性欲が強い女性です。出会いの方法は様々あるので、割愛しますが、連絡先を交換してから相手が性欲が強いかどうかを確かめることが重要です。

連絡先を交換してから下記の流れで相手の性欲を判断しましょう。

ダメな流れ

  • 速攻下ネタで攻める
  • 自分の自慢話ばかり

良い流れ

  • まずは相手と自分のことを理解し合う
  • 相手に興味を持って質問をする
  • 相手が自分に依存するまで仲良くなる
  • 仲良くなってから初めて下ネタのジャブ

まずは相手がどのような考え方を持っていて、理想の男性像などを聞き出して徐々に合わせていく必要があります。母性をくすぐる方法の一つは「少し甘えること」です。

完璧過ぎる男性よりも、少し抜けている男性の方が女性の母性をくすぐることができます。

性欲を判断するときに、有効的な言葉が「飲んだら甘えたくなる」と伝えて、相手の反応を待つようにしましょう。相手も甘える!と答えてくる場合は1回目の飲みからラブホテルに行ける可能性が高いです。

お金を使ってすぐに不倫をしたい方はこちらを参考にしてください。↓

愛人の作り方を解説!流行りのプチ愛人を作る手順と方法

危険な不倫相手の見つけ方

不倫相手を探すときに以下の方法は、危険度が非常に高いです。バレるリスクが高いので避ける方が良いでしょう。

また、避けるべき相手に関しても解説をしていきます。

子供の親同士

子供の親同士の不倫はリスクが非常に高いです。子供の習い事、PTA、親子参観などで子供の親御さんと仲良くなることがありますが、不倫相手としては最低の相手です。

バレれば離婚のケースが非常に多く、子供へのダメージも想定されます。奥さん、旦那さんの知り合いと不倫をすることはバレた時の相手に与えるダメージが大きいので、避けるのが無難です。

お互いの家が近場

近隣不倫はバレやすい出会いの方法です。なぜなら近隣住民の方が、異変に気がついてしまうからです。「〇〇の奥さんが〇〇の旦那さんと浮気をしている」というような内容がバレてしまうと、一気に噂が広がってしまいます。

駅は10駅以上離れている人を選んで、出来るだけお互いに知り合いがいない場所で遊ぶようにしましょう。

相手に既婚者とバレている

出来るだけ既婚者とバレていない相手を、不倫相手にすることをおすすめします。なぜなら「既婚者」ということが別れ際に脅されるリスクに繋がるからです。

  • 金銭の要求
  • 会社に報告される
  • 奥さん報告される

こちらが別れたいと思っていても、相手が本気で好きになっており、既婚者と知られていた場合は危険です。愛情は憎しみに変わりやすいので、個人情報は伝えない形で浮気をするのがベストです。

職場・自宅を知られている出会い

職場、自宅を知られている相手を選んではいけません。こちらの情報が一つでも握られていると、どんどん調べられてしまいます。自宅、職場を知られている時点で浮気相手としてNGです。

相手とどれだけ親密になっても、自宅と職場は教えないようにしましょう。

別れ際に面倒なトラブルを起こされる可能性がありますし、匿名で会社に密告される場合があります。大企業であれば、会社から出向、降格を伝えられる可能性もあります。

専業主婦の不倫相手の見つけ方

専業主婦はリアルに生活している上で、出会いはそうそうありません。しかし、暇を持て余しているので、スマホを使って出会いを求めている主婦が増えています。

合コンに行く時間もなければ、新しい出会いがないので、出会い系、マッチングアプリは主婦にとって最大の味方です。

専業主婦は自宅で出会いを探す

旦那に対して嫌気がさす、夫婦関係が終わっている。毎日の生活に刺激が全くない。実はこういう夫婦関係になっている人は少なくありません。

芸能人なら不倫はバレやすいですが、一般人は浮気バレ対策をしていれば基本的にバレる心配はありません。

疲れた時に、スマホを見ていると、気がつけば出会いを探している主婦の方が多いです。

マッチングアプリで実際に主婦の方と複数人会いましたが、「寂しさ、性欲を満たす」為に使っている女性が多かったです。

専業主婦は出会いがない=スマホで探すしかない

アプリが一番都合の良い相手が見つかる

専業主婦の方が浮気をする時に一番きにすることは「バレないかどうか」です。つまり、リスクがある出会いには手を出したくないと強く考えています。

  • 旦那の知っている男性には手を出さない
  • 地域周辺の男性には近づかない
  • 本気で男性にアプローチすることはない
  • 時間がないので、最初から割り切った関係

上記の条件を満たす為には「アプリの出会い」が早く、最適なのです。誰にもバレる心配がなく相手を探すことができます。

最初からお互いに恋愛対象ではなく、体の関係を探しているので無駄な時間を作る必要もありません。

意外と世の中の主婦は「出会いアプリ」で相手を探しています。

専業主婦の方は、都合の良い相手意外とは不倫をしないケースが多いです。特に子供がいる場合は、離婚はしたくないけど浮気をしたいと考えるのでリスクは取りません。

不倫の出会いをスグに見つけるコツ

不倫の出会いを見つけても、その出会いを攻略しなければ意味がありません。

使うマッチングアプリを間違えないこと

マッチングアプリで出会いを探す時に失敗するのが「無料サイト」を使うことです。業者ばかりなので、出会うことができずに時間を無駄にしてしまいます。

大前提として、出会えるサービスを使うようにしましょう。基本的に無料サイトは運営者が人件費をかけられないので、悪質なサービス提供をしていることが多いです。

特に名前を聞いたことがない、最近生まれたサービスを使うのは避けましょう。

相手を探す条件を間違えないこと

不倫相手を探す時におすすめの条件は下記の通りです。

  • 既婚者ではない
  • 割り切った出会いを探している
  • 個人情報を知られていない
  • すぐに別れられる

これらの条件が整わない限り、不倫相手として選ぶべきではありません。

職場の出会い、紹介、合コンなどは上記の条件に当てはまりません。共通の知人がいない場所で出会いを探しましょう。

初回で体の関係になるのが理想

浮気をする時に求められるのが「スピード」です。

食事、食事、ラブホテル

という順番ではなく、

「速攻ラブホテル」に行くのが理想です。つまり、最初から相手も体目的でなければ、この条件を満たすことができません。

合コン、街コン、紹介などの出会い方は非常に難しく、出会いアプリを使ってすぐにやれる相手を見つける必要があります。

無理のない時間の使い方・遊び方

不倫がバレる時は「無理な遊び方」をしていることです。家族を最優先にした上で、遊ぶようにしましょう。

例えば、

  • 家族で遊ぶ日が決まっているのに浮気相手に会いに行く。
  • 毎週のように遊びに行く
  • 電話番号を交換して電話をするなど。

無理のない範囲で遊ぶことが不倫の出会いには重要です。それを許容してくれる相手ではないと、正直厳しいです。

不倫相手を見つける注意点

不倫相手を探す時の注意点が一つだけあります。

既婚者は危険過ぎるので選ばない

浮気相手を探す時に避けるべき条件があります。それは「既婚者を選ばない」事です。自分は既婚者ですが、相手に既婚者を選んではいけません。

何故ならこちらが不倫バレ対策を徹底的に行なっても、相手がバレてしまえばアウト!だからです。

相手から慰謝料請求100万円以上、こちらも妻や旦那に報告される。離婚を迫られるなど、デメリットがあまりにも多すぎます。

実は、浮気がバレてしまう人の大半は自分じゃなくて、相手がパートナーにバレたことで自分もバレるというケースが多くあります。

つい、自分が既婚者だからという理由で相手も既婚者を選びがちですが、できれば彼氏、彼女もいない相手を選ぶようにしましょう。

不倫専用の出会いアプリは出会えない!危険

不倫の出会いを探す時に「不倫専用の出会い系サイトは危険」なので注意をしましょう。以下のような特徴があります。

  • 不倫専用アプリで使えるものが少ない
  • 既婚者を相手にしてはいけない
  • 詐欺サイトの可能性がある

基本的に、既婚者を探してはいけないですし、何よりも大手の出会いアプリを使うのが一番おすすめです。何故なら、シンプルに出会えるからです。

既婚者同士の出会いを探すのではなく、こちらは既婚者でも、相手は未婚の人を選びましょう。

リスク回避に繋がりますし、何よりも浮気がバレる確率がかなり変わってきます。

こちらがどれだけ浮気対策をしていても、浮気相手が結婚相手にバレれば終わりです。

また、初めて出会い系サイト、マッチングアプリを使うときは王道から始めるのがおすすめです。

昔のように詐欺サイトは少なくなりましたが、未だに危険なサイトは多いですし、無料アプリはほとんど業者まみれです。

出会いには一定のお金をかけることで安全を確保しましょう。

バレずに不倫相手を見つける

連絡の証拠・デートの証拠は残さない

  • 浮気相手の登録名は性別を変えておく
  • 電話番号を相手に教えない
  • 現金払いでレシートは捨てる
  • 連絡は常に消しておく

浮気をする時に最低でも上記のことを守るようにしましょう。不倫相手を探すときはもちろん、連絡を取っている時もバレないための最善策を取るようにしましょう。常に証拠、履歴を残さないようにするのがおすすめです。

また、デート中は下記を守るだけで証拠を取られにくくなります。

クレジットカードを使わない

クレジットカードの履歴で浮気がバレるケースがあります。レシートを捨てる、スマホの連絡先の履歴を削除しても、忘れた頃にカードの明細書が来てバレるパターンです。

ホテル代は少し高いので、カードで済ませようとする人がいますが、NGです。

基本的に浮気をする場合は全て現金のお支払い、レシートは即捨てることを習慣化するようにしましょう。

パートナーの予定を把握しておく

パートナーが遊びに行く日程に合わせて、自分も遊びに行くことがベストです。しかし、罠の可能性があるので、必ずしも使える方法ではありません。

誰かとどこかで食事に行く予定があれば、出来るだけ早く把握しておくようにしましょう。

遊ぶ予定はパートナーに伝えない

浮気をするときにわざわざ、奥さんに「ご飯がいらない」と伝える人がいますが、デメリットしかありません。出来るだけ当日、突然を匂わせるのがポイントです。

例えば、「浮気調査」でバレるパターンが上の事例です。浮気調査会社に依頼をされる場合、一番怪しい日に日程を調整します。つまり、あらかじめ予定を伝えておくと、その日に調査される危険性があります。

100%浮気をしない日こそ、日程を伝えて潔白を証明しておくのがおすすめです。突然、ご飯がいらなくなったと伝えることは罪悪感がありますが、それができないようならバレるリスクが逆に高まります。

まとめ

不倫の出会いについて解説をしてきましたが、ネットが発達しているので簡単に相手を探すことができます。早ければ1週間もあれば十分に遊び相手は見つかります。

相手選びで注意するべきポイントは、相手を本気にさせないことです。

不倫の出会いはリスクがある分、出会い方、出会う相手を厳選しながらリスクを回避するようにしましょう。

 

「二股したい!」浮気がバレずに二股をする方法まとめ