風俗を楽しむ為には「風俗業界」に関する知識、失敗しない為の楽しみ方を理解しておく必要があります。一回のお金が1万円以上必要ですし、激安店舗に行けば「性病」にかかる危険性も高くなります。

まずは風俗の種類について理解をした上で、自分に合う店舗を探すようにしましょう。店舗選び、女性選びが上手な人は良い女性と遊ぶことができますし、高いお金を払っても満足できない女性になる場合があります。

この記事では風俗歴10年、100回以上遊んで、一回も性病にかからずに風俗ライフを楽しんでいる私が初めてのデビュー戦を控えている方に向けて解説をしていきます。

結論から言うと、風俗で遊ぶならゴムフェラ必須です。性病のリスクを減らしましょう。

必ず最初からコンドームを装着して最後まではずさないことが大事です。ここで、注意してほしいのは避妊と性感染症の予防とは、意味が異なるということです。コンドームは、避妊具として知られています。そのため、男性が射精する時だけ装着していればいいと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、性感染症の防御のためには、射精の時だけでなく、性器の直接的な接触を防ぐことが大事なのです。

出典:性感染症 | 茶屋町レディースクリニック心斎橋

風俗の種類について

風俗といっても色々な種類があります。種類によって受けられるサービス内容が違うので、デビュー前にしっかりと知識を身に着けておきましょう。

今回は風俗の中でも代表的な5種類を紹介したいと思います。

デリヘル

デリヘルは、そのお店のHPを見て電話かネット予約をするとラブホテルや自宅などに女の子を派遣してくれるサービスです。

お店の人と顔を合わせるのは緊張するなと思う方にはデリヘルはオススメです。

気になるサービス内容ですが、フェラチオ、素股、手コキ、全身リップなどを女の子がしてくれます。

受け身のみではありませんので、女の子にキスしたり胸や性器を触ることも可能です。

しかしながらいわゆる本番行為はできませんので、ご利用する際はそのつもりでご利用ください。無理やり本番をさせてほしいなどのお願いはしてはいけません。

デリヘルの本番交渉は危険!バレた時のリスクとは?

ホテヘル

性的なサービス内容は先ほどのデリヘルと同様です。

大きな違いは店舗受付があるという点と、自宅に呼べずに店舗が指定したラブホテルかレンタルルームでプレイするという点です。

受付へ行くと今すぐ遊べる女の子の写真をスタッフが見せてくれるので、その中から気になる子を選びます。事前にHPで遊びたい女の子を決めて予約しておくことも可能です。

自身で選んだ女の子と近くで待ち合わせてからホテルへ向かうか、先にホテルで待機して女の子の到着を待つかのどちらかとなります。

ソープランド

唯一本番行為が可能な風俗です。

日本の法律では本番行為を禁止しているので、『個室付きのお風呂へ行ったら女性が接客してくれて、お互い好きになってしまい本番行為をしてしまった』という建前の元に成り立っています。

ソープランドは前述したヘルスとは料金形態が異なります。

入浴料を受付で支払い、サービス料を女の子へ支払うという独特の形をとります。

サービス料の3倍程度がトータルの支払いになると考えておくといいと思います。

ピンサロ

ピンサロの大きな特徴は個室ではなく、大きめのフロアを低めの仕切り板で区切った空間で性的サービスを受けるということです。

周りに配慮して店内は薄暗く大きめなBGM がかかっていることが多いです。

いくら仕切り板があるとはいえ他の人と同じ空間に抵抗があるという人には向いていません。

そのような事情から上級者向けといわれることもありますが、ピンサロの魅力はなんといっても料金が安いということです。

お店にもよりますが、デリヘルの半額程度で利用できるお店もあるので、風俗に行きたいけど最初から大金を払いたくないという初心者の人にはオススメです。

SMクラブ

SMクラブは今までご紹介してきた風俗に比べるとマニアックな要素が強いです。

自身がS(サド)かM(マゾ)かによってコースを選ぶことができます。

Sコースでは、Mな女の子へ目隠し・手錠・首輪・大人のおもちゃなどを使い攻めることができます。

Mコースは逆にSの女の子(よくイメージのある女王様)に攻められるコースです。SMは非常に奥が深いカテゴリなので、SMクラブの中でもソフト、ハード、M専門など多様にジャンル分けされています。

初心者でもお店のスタッフや女の子に聞けば優しく楽しみ方を教えてくれますが、初心者にはハードルの高いジャンルの1つなのでご利用する際はしっかりと調べてから行くことをオススメします。

風俗の基本的な流れ

ここからは、風俗の基本的な流れについて説明します。

まずはお店を選びます。デリヘルだけでも非常に多くのお店があります。

ギャル、制服、OL 、人妻、熟女などジャンルが様々です。自身の趣向に合ったお店を選びましょう。

お店が決まったら、HPから女の子を選んで予約します。

店舗により電話のみでの予約しかないところもあるので注意が必要です。指定のホテルで女の子が来るのを待ちます。

女の子がきたら女の子へ料金を支払いサービススタートです。

基本的には、挨拶→雑談→シャワー→ベットでプレイ→シャワー→お別れという流れがもっともスタンダードです。

プレイ時には女の子に『〇〇したい』、『〇〇してほしい』などと伝えるとスムーズです。

お店選びのポイント

お店選びは非常に重要です。お店によってはサービスが悪かったり、HPに掲載されている女の子と実物の女の子が全然違うという事態に陥ります。

そういったことがないように事前にネットで調べることをオススメします。

大手の風俗情報サイトではそのお店のユーザーから口コミによって評価がわかるようになっています。

まずは自分が行きたいお店を調べてみて悪い口コミがないか確認するクセをつけましょう。

先輩など自分の周りで実際に利用した人からそのお店の評判を聞いてみるのもオススメです。

女の子選びのポイント

こちらは1番気になる部分だと思います。

初心者にオススメなのは、HPや店舗の受付などに記載のあるその店舗の女の子のランキングをチェックするという方法です。

ランキング上位の女の子は接客態度やルックスなどが優れておりそれだけ指名するお客様が多いということが言えます。

プラスで指名料を払うことになっても数千円程度なので、失敗したくない人にはオススメの方法です。

他には、先ほども紹介した風俗情報サイトの口コミをチェックするのもいいと思います。

また、最近では女の子自身がブログをやっているケースもあるのでお店のHP以外に写真を確認できるので判断材料の一つになると思います。

風俗のよくある質問

①HPに記載の料金以外にあとでお金をだまし取られませんか?

基本的にHPに記載している料金のみのお店がほとんどです。心配な方は予約時に支払い総額を確認しておくといいと思います。

②本番はできますか?

日本の風俗では本番行為が禁止されていますので、できません。

③ビジネスホテルに呼ぶことはできますか?

お店が過去に訪問したことがあるビジネスホテルであれば可能です。

ホテル側が断るケースなどもあるので、予約の際に必ずホテル名を伝え利用可能か確認しましょう。

風俗に初めて行く前のチェックリスト

最後に実際に風俗に行く前にここだけは気を付けましょうというポイントをお伝えします。

それは身だしなみです。ただお風呂に入ったからいいというわけではなく、清潔感のある服装で向かいましょう。

また、爪をしっかり切ってやすりで丸めておくことも重要です。女の子の身体に不意に爪があたり傷をつけてしまう可能性があるのでしっかりと手入れをしましょう。

風俗嬢というプロの女性が相手ですが、ひとりの女性であることも事実です。

不快な気分にさせないように、身だしなみにはしっかり気をつけましょう。