不倫がバレる人には必ず原因があります。世の中にあるバレやすい不倫の方法、原因を知ることができれば気がつかれずに不倫をすることができます。基本的には怪しまれないこと、そして証拠を握られないことが鉄則です。

その為には、妻・夫に不満を出さずに影で不倫をする必要があります。バレる人は浮気をしていることが空気感で伝わり、疑われることが始まりです。

疑わしいので、浮気調査に頼まれて浮気の証拠を握られてしまいます。

結論から言うと、バレずに不倫をするなら既婚者の相手を選んではいけません。

こちらがバレなくても、相手がバレてしまえば同じだからです。

当記事を見ることで不倫がバレるリスクを最小限に減らすことができるので、ぜひ最後までご覧ください。

不倫相手と連絡の証拠を残さない

不倫が一番ばれやすいのが、着信履歴やメールの履歴です。

LINEや携帯の通知POPをOFFにするだけではなく、いつ携帯を見られても大丈夫な状態にするのが安全です。

その為、メールや電話の履歴は帰宅する前に全て削除するなど徹底をオススメします。

携帯にロックをかけていると、かえって怪しまれるリスクもあるので、履歴から削除するようにしましょう。

他にもFacebookやTwitterなどのSNSのメッセージ機能を用いる方法などもあります。

特にTwitterでは、サブアカウントを鍵付きで作成する事も容易なので、連絡用アプリとして活用するのも一つの手です。

ただし極力スマホではなく個人専用のPCや、サブの携帯電話でのやり取りを推奨します。

LINEなどの連絡手段はすぐに証拠を消す

着信履歴やメールだけでなく、LINEも要注意です。

通知やトーク履歴を見られて浮気発覚…というケースも少なくありません。

「友達」「トーク」「タイムライン」に浮気相手の名前が表示されないように、非表示機能を用いるのは必須です。

それだけでなく、トークやり取りを急に見られそうになったりした際に、とっさに画面を隠すと余計に怪しまれる要因になります。

またうっかり送り先相手を間違えるなどの要因も0ではない為、浮気相手との連絡ツールは分けるのを推奨します。

連絡ツールを分けて通知OFF設定にする、定期的にメッセージを削除するといった対策をオススメします。

共通の知り合いがいる人に手を出さない

共通の知り合いがいる人を不倫相手に選ぶのはオススメしません。

不倫がバレてしまった際に人間関係が崩れるのはもちろんですが、共通の知人がいる事で不倫がバレる可能性も高まります。

街中を一緒に歩いている所や、デートしている所を共通の知り合いに見られてしまったら言い逃れも難しいです。

直接奥さんの耳に入らなくても噂話等で、不倫を疑われるかもしれません。

リスクが高いので、共通の知り合いに手を出すのも避けましょう。

会社の同僚・元彼・元彼は避ける

職場不倫は不倫でも一番身近なケースですが、オススメしません。

不倫関係をお互いに誰かにしようものなら、噂があっという間に広がります。

また勤務中に職場の浮気相手への態度にも気をつけてください。

あえて距離を取る、なれなれしくするなどの不自然な態度を周囲の人間が敏感に察します。

非常にリスキーでばれる可能性も高いので、オススメしません。

元カレ・元カノをオススメしない理由は、ズルズルと付き合ってしまう可能性が高い事です。

やめなければならないと頭の中で思っていても、なかなか断りづらく気が付けば関係性が長引きがちです。

関係性が長引けば長引くほど、別れ話を聞き出しづらくなってしまいます。

出会い系などで全く知らない人と出会う

出会い系サイトを利用する人の中には、真剣な付き合う人を探す人だけでなく、割り切りの肉体関係を求めている方もいます。

Twitterでも浮気専用のアカウントがあったり、アプリのデート機能で割り切り関係を求めている異性もいます。

またお互いに割り切りの関係になりやすいので、リスクも職場内の同僚や知人と不倫をするよりも圧倒的にリスクが低い為、オススメします。

3ヶ月以上は関係性を保たない

不倫の期間が長ければ長い程、関係性を断ち切りづらくなります。

別れ話を切り出す際も、こじれるリスクがドンドン高まりますし、浮気がばれるリスクも高まります。

不倫関係に於いて一番楽しいと感じる期間は3ヶ月です。

相手の新たな一面を垣間見えたり、お互いに相手の気を使いあえたりする期間です。

毎日会いたくなるという想いも芽生えやすい期間と言えるでしょう。

ただし3ヶ月を過ぎると男性心理で、この女性に何かをしてあげなければという心理も発生をする為、関係性も3ヶ月以内で納めるのがベストです。

女性心理も3ヶ月関係性を持つと、結婚という気持ちも芽生え始めてしまいます。

ほんの火遊びのようなつもりで始めた不倫が、気が付けばお互いに抜け出しづらい状況になる前に関係性を断つ目安に3ヶ月を一つのラインに考えましょう。

情が移る前に別れる

情が移ると別れを切り出しづらくなります。

会社の同僚や、知人や元カノ・元カノなら尚更です。

不倫期間が長ければ長い程、情が移りやすくなるので、マッチングアプリやSNSで割り切りの関係を求めている相手と不倫をするのがまだ安全です。

先程、お伝えをした3ヶ月という期間は一つの目安なので、期間は短ければ短いに越した事はありません。

会社・自宅などの個人情報を教えない

何かトラブルに巻き込まれた際に会社や住所を知られていたが為に、不倫相手が会社や自宅に押し掛けたり、内容証明を送られるといったリスクがあります。

会社内で不倫をしている事が噂になると、職場での居心地が悪くなるだけでなく、将来的にもキャリアに傷をつける可能性があります。

別れ話を切り出し揉めた際に、自身だけでなく奥さんや子供に危害を及ぶケースも十分に考えられます。

他にもご近所で不倫に伴う誹謗中傷を流され不倫がバレるだけでなく、ご近所づきあいなどの人間関係にも悪影響を与えかねません。

絶対に会社・自宅などの個人情報を教えないように気を付けましょう。

別れても問題ないようにしておく

不貞行為は極力避ける、避妊を徹底する事は絶対行ってください。

一時の快楽の為に人生を棒に振ってしまう危険性があります。

行うにしても割り切りの関係で後腐れなく終える関係性を保つ事を心がけてください。

また不倫相手と連絡を取っていたツールやLINEをブロックするなど、連絡を絶つようにしましょう。

可能であれば携帯電話の電話番号を教えている場合は、電話番号を変更するなどの対策も推奨します。

二度と会わないように接点を作るものは極力切り離し関係性が戻らないように徹底しましょう。

自宅近辺では遊ばない

どこで誰が見ているか分かりません。

ご近所の方や奥さんの知人や友人に目撃され噂になり不倫がバレるリスクが高まります。

不倫をバレないように徹底するのであれば、自宅から離れた場所で遊ぶようにしましょう。

また、別れを切り出した後も付きまとわれる可能性は決して0ではありません。

目撃され自宅を特定されたら不倫がバレるだけでなく奥さんや子供にも危険が及ぶ可能性があります。

自宅近辺で遊ぶこともバレるリスクが高まるので、絶対に避けましょう。

ラブホテルは一緒に入らない

探偵に不倫調査を行われた場合、不倫を決定づける証拠の1枚になってしまいます。

知人に目撃をされた際にも見知らぬ女性と一緒にチェックインをしている姿を見られれば言い訳を信じてもらえなくなります。

その為、別々に入る事をオススメします。

チェックアウトの際も、時間帯を分けて出るようにしましょう。

また、近場のラブホテルを選ぶ事で、知人に会う可能性も高まります。

利用する際も、知人や友人と会う事のない、自宅や職場から遠いホテルを選ぶ事を推奨します。

いかがでしょうか。

こちらの方法をなるべく一つでも多く取り入れる事により、不倫がバレるリスクを下げる事が出来ます。

ひょんな所から不倫発覚という事もあり得るので、リスクヘッジを最大限行うようにしましょう。

ちょっとした油断が今後の人生を大きく左右するかもしれません。

不倫をバレないようにするには石橋を叩き過ぎるぐらいが丁度良いかもしれません。

【最新2020年】不倫の出会い方!バレない不倫相手の探し方まとめ

【不倫サイト】不倫ができるおすすめランキングTOP5